マクロビ、ローフード、和食を基本としながら、食育と子育ての大切さ、家族が楽しい食卓を囲めるよう勉強中です。

# さあ!今日から仕事^_^;


SSCN0403[1]

今日から平常の日が戻ってきますね。

頑張ろ~!

昨夜の残り物を今日の弁当に・・・

いってきま~す




























スポンサーサイト

# 家計簿で、家系の見直し

今まで家計簿をつけては1週間と持たなかった私(;一_一)
最初の数ページで終わった家計簿を何冊捨てたことか・・・^_^;

今年に入ってお金の管理をしなくては生活が厳しい状況に落ちいって、簡単でもいいから、まずはどのくらいの支出があるのかを知るために簡単につけてみよう!と思いノートを用意してつけ始めました。




【どんなものに無駄な支出をしているかを知って・・・】

今まで食費はなんとなく把握しながら調整していましたが、他の支出は全く管理してなかったののです。
家計簿を買ってもどうせ長続きしないのなら、使わないノートに毎日レシートを貼って合計額を出すだけでもやってみよう!と思いつけ始めました。
支出を把握するには、レシートを見るだけでも充分ですね~
レシートは今まで捨てていたり、いりません、と言ってもらわなかったりしていましたが、そこは意識して・・・毎日、財布に入れて、夜出しては管理していました。
money_fly_yen.png

そこでわかったのが・・・

食費意外の支出が多いと言うこと(*_*)





【毎日レシートを張るだけで、明日は節約しようと思える】

レシートが多い日は無論支出が大きい日

そのうち、レシートを張る以外に、項目と予算も立ててみようと思い、簡単な項目と金額を設定しました。
私にとっては全ていっぺんにやると、やりたくなくなるので^_^; 少しずつ項目や改善点を見つけ変えて行くことで、もう、2か月も続いています(苦笑)
zei_shopping_receipt.png

レシートを張るだけ簡単家計簿、というのが昔流行りましたが、その頃はまったく続かず、断念・・・

簡単じゃないじゃん!!

いえいえ、ホント簡単です(笑)

というか、ホントただ張るだけにしていたので、予算とかそんなの気にしないで日々の合計の支出のみを把握していたのですから、超簡単です!





【全く続かない方はただ張って支出の合計を出すだけで、お金の流れがわかるかも・・・】

支出が何となくわかると、自然と余計な買い物はしなくなるんでrすね~ 今さら気付いた私です(^_^;)

家計簿が続かない、そんな悩みをずっと持っていた私・・・

必要に迫られてということもありますが、お金の流れを把握して管理することで生活の中でのメリハリが出来るような気がしました。
今までは買いものに行くと、ついつい余計なものを買ってしまうことが多かったのですが、それが無くなり、目的をもって(?)買い物が出来るように・・・
chokin_kakeibo.png

奥さん系の雑誌を見ながら家計の管理をしっかりしている奥様の記事を見ながら

そんなきっちりやって苦しい生活を送るなら今のままでいい!
そんなことも思っていたり・・・Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

出来るところからやってみると意外に長続きするんだな~とやっと理解しました 苦笑

































# シングルマザーの家族サービス

こちらは今日も良いお天気です^^
何も予定はないのですが、お昼はいつものお弁当を作って少しの手間を省きました。

SSCN0398[1]
こちらは私の・・・

SSCN0399[1]
こっちは次男の・・・かなりご飯が入っています^^


GWなんかの長期休みは、シングルマザーの家庭には辛い休みでもあります^_^;
特に子供たちが小さい頃は・・・



【家族という言葉が突き刺さる】

子どもたちが小さい頃は、長期休みにどこに行こうか?何をしようか?と毎年頭を悩ませたことがあります。

特に離婚して間もない頃は、いつもなら元夫も含めて家族でどこかに出かけたり、夫の実家や自分の実家を行き来して子供たちも忙しく楽しく過ごしていたのが、私の実家だけになり、お父さんという存在が無くなり、母親の私が両方の役割をしながら子供たちと向き合う休み・・・体もしんどくて連休後半は、キレ気味で子供たちを叱ってばかりいました。

家族でおでかけ、
家族プラン

そんな文字を雑誌なんかで目にすると、イラッとしていました 笑

今では笑って思い出せますが・・・






【何でお父さんと離婚したの!?】

長男に言われた言葉です。
長期休みの時に余程寂しかったのでしょうね。

友達も皆家族で出かけたり、遠くのおじいちゃんおばあちゃんの家に行ったりして、誰も遊ぶ友達がいなくて泣いて帰って来た時だったと思います。
kazoku_driving.png

そこで子供たちと行楽地へ出かけてみても、彼らの目に飛びこむのは、お父さんと息子が楽しそうに遊んでいる姿・・・
羨ましかったんだろうな・・・




【寂しかった・・・】

長男が大きくなってくると、今度は次男がお父さんがいないことを寂しく思うようになりました。

長男は友達や部活の練習など、家族以外の人と過ごす時間も増えて外の世界に目を向けるようになってきたので、家族との時間を共有することも少なくなりました。

今度は次男が友達や周りの人が父親と出かけたり、楽しい時間を過ごす様子を見てうらやましくなっていた時期・・・

私は2度離婚しています。
子供たちの父親は1度目の夫ですが、次男は2歳で離婚しているので、実父の記憶がほとんどありません。
2度目の父親が本当の父親で無いことも、1度目の父親の存在も知っています。

2度目の父親は次男にとっては長く生活をした存在・・・
でも、最後は心の傷を負うようなモラハラによって憎しみすら覚えるようになり、男性不信的な姿もありました。
その頃から、実の父親への想いを馳せるようになり、寂しさを訴えるようになったのです。

次男が寂しくないように色々な所に出かけたり、父親的な役割を長男の時のように意識していたつもりでした。でもどこかで満たされていないんだろうな、と思う出来事が・・・
当時私はタバコを吸っていました。
家の中では吸わないようにし、ベランダで吸っており、その吸殻がなぜか減っていることに気付きました。
ある日、次男の部屋からタバコのにおいが・・・
kinshi_poisute_tobacco.png


当時は集合住宅だったので、お隣のタバコのにおいや料理の香りもしてきたのでお隣さんかな?ともって特に気にも留めなかったのですが・・・

何となく、翌日次男がいないときに、次男の部屋のドアを開けると、ものすごくタバコ臭いのです。
そして、机の引き出しが少し空いていて、プラスチック容器に沢山のタバコの吸い殻とライターが出てきました。
私の吸った後のタバコと、こっそり持ち出した、買い置きのタバコでした。

次男が帰宅して、理由も聞かず叩きました。

泣きながら

お母さんが毎日仕事で遅いし、お兄ちゃんもいないし(当時長男は寮生活で家を出ていました)、寂しかった
本当のお父さんに会いたい!

ああ、とうとうこんな時期が来たんだと・・・
長男と実の父親は連絡を取り合っていましたが次男は全く連絡を取っていなかったので、その日に長男経由で、元夫に連絡をしてもらい、次男と電話で話をしました。

10年ぶりくらい?の親子の再会・・・
離婚した当時は言葉もままならない親子が普通に何も違和感なく話していました。
何だか申し訳ない気持ちになりつつ、電話後は次男は満足したのか?父親の存在が彼の心の中で原動力になっているのか?

お父さんがいない我が家だけど、お母さんがいてくれるから幸せ何だよね?

と言ってくれたのを覚えています。
彼なりの強がりと私に対しての気遣いなのかも・・・



そんなエピソードも、今では懐かしく思えます^^





































# DVの心のケア

SSCN0262[1]


今日のお弁当・・・
玄米ご飯、ゆでカボチャ、フキと厚揚げの煮物、スティック人参、千切りキャベツ、大豆ミートオムレツの海苔巻き、

大豆ミートオムレツの中身は、先日ローフード講座で出た野菜カスをいただいてきたのでそれを混ぜて焼きました^^



≪DVによる心のケア≫

もう、2年ほど通っているDV被害にあった当事者の心のケア・・・
昨日は自助グループで自分たちの話をする会でした。

顔なじみの方がいたり、新しい方が来たり、入れ代わり立ち代わりいつも定員いっぱいです。

私も何度もこのグループで話をすることでかなり回復してきました。
身体的な暴力ではなくても心はえぐれるように傷つき、なかなか癒えない人もいます。

私もその一人だと感じたのは、このグループに参加してからです。



≪私の経験なんて皆さんに比べたら・・・≫

そもそも、身体的な暴力ではない経験はDVと呼ぶのだろうか?といつも感じていました。
今は自分はとても苦しい経験をした、精神的なDVを受けたと言えますが、通い始めた当初は、自分なんて周りの壮絶な経験をした人たちに比べると大したことではない・・・そう感じていたのです。

その度合いに軽い重いは無いと支援者の方に教えてもらいました。

自分が死ぬほど苦しんで恐怖におびえて生活すらままならないほど言葉の暴力に怯えていた事実は明らかにDVを受けた、と言い切れます。


≪今はファシリテーターとして≫

沢山の出会いがあって、支援者や同じ経験をした方とも出会い、私は早い段階で回復に向かっていました。
今は、会をセッティングするお手伝いをさせていただいて、少しでも会のお役に立てることがうれしいのです。

前までは、参加するだけで精一杯・・・
同じ境遇にあった人の話を聞くと苦しくなり、心臓がどきどき高鳴って過呼吸になりそうな感じだったのです。

今は、時々思い出すような苦しさもありますが、周りの女性の何かの力になれたら、と思っています。






人気ブログランキングへ
























# VDからの心の回復

月に1回、DVなどでトラウマを抱えた女性のための自助グループに参加しています。

その中で、心の傷だけでなく、喪失体験経験している方も多数おり、グリーフと言います。
相手の暴力に耐えながら、何とか逃げて離婚が成立した人
親との関わりの中で、DV体験をした人

1440538705349.jpg

離婚による辛い経験をした人だけではないのです。

皆さんがグリーフ、喪失体験を経験しています。
少なからず私もグリーフ経験者・・・

相手の精神的なDVから逃れてやっと幸せで穏やかな日々を送っていても、心の中にぽっかりと穴が開いたような日々がありました。
今もそれは時々襲ってきます。

あんなに自由を求めて苦しみから逃れたのに、何だろう??と思いながら毎月自助グループの中で色々な方のお話を聞いています。

あらゆるDVを受けた人は、自分で何かを選択すること、やりたいこと、自分の意思で何かすることが出来なくなっていたのです。
いつも相手の顔色を伺って、相手がどう思うか?相手に何を言われるのか?その感覚で生きてきたので、自分で決定したり、自由ということが感覚としてわからなくなり麻痺しているのです。

それは結婚すると誰だって同じよ~と言われるかもしれませんが、DV加害者は、被害者のことを『支配』することが生きがいになっているので、普通の感覚ではありません。
それに反したことをすると、ありとあらゆる手段を使ってじわじわと相手が自分で考えて決めることが出来ないように責めて行くのです。
だからいざ自由の身になった時に、いつも相手の顔色を伺って相手が良し、としたことを行って生きてきた習慣が無くなってしまったことへの『不安』を感じるのです。

kigi2.jpg

中には親からそのような『支配』を受けて今なお苦しんでいる人もいたり、親からパートナーへとそのかま移行し。DVに苦しむ人もいます。

自分次第でどうにかなるものでしょ?
マイナス思考だからじゃない?
私だって同じ

そう言う人もいました

違うんです・・・

DV加害者の特徴はマニュアルがあるかのように同じ行動をします。

外では良い人
家では自分の想い通りにパートナーを支配する

大体の加害者は外ではいい人です。
DVをするのは自分が支配出来るであろう人にしかしません。
大体が、家族がその犠牲者になります。

私は、自助グループに参加しながら心のケアを座学で学ぶ講座にも参加し心理的な話も勉強することで、加害者の心理と被害者の心理がわかってきました。

加害者は何度もターゲットを変えてはそれを直すことは難しい
被害者はその傷からしっかりと立ち直るのにかなりの年月を要すること

少しずつ少しずつ心のケアをしていく必要があるんですね・・・









人気ブログランキングへ

















# プロフィール

広井未来

Author:広井未来
2人の息子たちとワンコと暮らしているシングルマザーです。
食育の勉強や子供の発達は食から、日々独学で自然食とは食育とは何だろう?と考え勉強中です。
趣味のマクロビ料理やローフード、和食を中心とした食、子育てのことなどを綴っています。

# 最新記事

# 最新コメント

# 検索フォーム

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
8512位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
555位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。