マクロビ、ローフード、和食を基本としながら、食育と子育ての大切さ、家族が楽しい食卓を囲めるよう勉強中です。

# 妊娠中の食生活って子供の好き嫌いに影響する?

我が家の子供たちはあまり好き嫌いがなく何でも食べてくれます。
でも、小さい頃は長男は好き依頼が激しくて、唯一食べられるのが、白米と納豆、それにブロッコリーでした。
毎日それはセットで出てきて(苦笑)味噌汁は具は食べない、大好きなカレーは野菜をすりおろして原型が見えないように(^_^;)
苦労しました・・・





【妊娠中のママの嗜好が子どもの好き依頼に影響?】

アメリカの研究で、妊娠後期のママに毎日人参ジュースを飲んでもらい、産後母乳をあげる前にニンジンじゅーずを飲んでもらってから授乳をした結果、離乳食が始まると、ほとんどの子がニンジンを好んで食べたと言う結果があるそうです。

YOU86_ninpusan_TP_V.jpg

赤ちゃんはお腹の中で羊水の中で過ごしていますが、その羊水にママが食べた食事の風味がついているとも言われています。また、母乳の味は母親の食べたもので変わるので、明らかにママの食生活が子供の嗜好を作る要因のひとつとなることは明確な様です。





【我が家の子供たちでよくわかった例】

長男は保育園に入ってから、好き依頼を克服し、色々と食べられるようになりました。
今も加熱した葉もの野菜の風味や食感は苦手ですが・・・

長男の妊娠中はとにかくジャンキーな食べ物が食べたくて、毎日のようにカレーや牛丼ハンバーガーを食べていました(^_^;)
もう食べないと気持ち悪くなるほど。
和食が食べられなくて、唯一おかかとチーズが入ったお結びは受け付ける 笑
産後は全く食べたくなくなり、今でもカレーや牛丼ハンバーガーは時々食べますが、その後は胃もたれして当面食べたくなく・・・
長男はそのような食べ物は大好きでした。

今も彼は洋食のこってりした食べ物が大好きです。
ANJ88_ookiiokuchidegohan_TP_V.jpg

次男の妊娠中の時は、とにかくジャンキーな食べ物を受け付けなくて、毎日玉ねぎをスライスして、おかかと醤油をかけて食べるのが好きでした。
カレーなんか見たくもなく(;一_一)長男が当時大好きだったマク〇ナ〇ドはもう店の前を通りたくもなく・・・
毎日ごはん、味噌汁、玉ねぎのスライス、煮物を健康的に食べていました

で、産まれた次男は煮物大好き、離乳食からとにかく和食中心で良く食べてくれる子に・・・
今も味噌汁は毎日欠かさないと、作って、と言います 笑






【産まれたら色々な味に慣れさせて】


我が家の子供たちは離乳食から色々な味に慣れさせました。

時にはベビーフードも利用しましたが、美味しいねと言いながら色々な味、甘い、塩辛い、苦い、酸っぱい、などの味覚を養うことを意識して、離乳期は食べさせたのを覚えています。
でも、彼らはお腹の中で覚えた味覚は飛びつくように食べるんですね。

不思議だな~と思いました。

長男は肉料理が出ると、とにかくむさぼるように食べる
SAWA_hanbagu_TP_V.jpg

次男は味噌汁を一気飲みし、白米はそのまま白米のみで食べる
KIMG0515.jpg


多分3歳くらいまでそのような嗜好は続いていたかと思います。
後は、毎日の食生活の中で自分で色々と味覚や風味を覚えて好みを作って行ったのでは?と思っているのです。

お子さんの好みはどうですか?(=^・^=)





































スポンサーサイト

# 子どものお弁当箱は成長に合わせて

SSCN0284[1]

今朝のお弁当・・・ 時間が無くて手抜ですが、野菜はしっかり取ります。
卵をゆでてみました。
以前の記事にも書きましたが、お弁当、大好きです^^
お弁当箱を開ける時のワクワク感がたまらない!
そして、こんなコンパクトなのに、おかずやご飯がぎっしり詰まっていて、ホント楽しい!





【お弁当箱を買い替えてますか?】

obentou_kara.png


お子さんが成長していくと、食べる量も増えてきますね。
お弁当箱のキャラクターや形で選ぶ楽しみや、そのお弁当箱を選んでお子さんが嫌いな食べ物も食べるようになったという
効果もあるでしょう。
お弁当箱って成長と共に大きさや機能性も考えて選ぶのが好ましいようです。

我が家は子どもが小さい頃は保育園で月に1度のお弁当の日があり、子どもたちの食べる量に合わせて持たせていました。
次男はものすごい食欲だったので、キャラものの弁当箱では足りなかったようで・・・(^_^;)
迎えに行くと、先生が
「〇〇ちゃん、お弁当足りなくて泣いてました・・・」
と言われ、私が普段職場に持って行っている2段の弁当箱を持たせた思い出があります(笑)

彼にとってはキャラクターものの小さいお弁当箱よりも、沢山入っている大きなお番頭箱の方が満足だったのですね。






【お弁当箱の機能性って?】


お弁当箱の機能性って何でしょうね?

ちょっとお高くなりますが、天然の木をまげてつくられたいわゆるまげわっぱは通気性に優れていて、おかずが痛みにくく、木の香りがしみこんで時間がたっても美味しくいただけると言う性質があります。

また、機能性と言えば、色々な用途で使い分ける弁当箱も・・・

スープ用の保温性に優れたものや、丼ように具とごはんが別々に入れられるもの、など・・・

その用途に合わせて使い分けるのも、お弁当を美味しくいただくことになりますね。






【新年度お弁当箱を買い替えるならお勧め】

料理家の栗原はるみさん、お料理のレシピだけでなく、心地よく暮らせるような空間やキッチン用品なども手掛けています。

こちらのサイトのランチボックスはシンプルだけれども機能性や用途に応じて色々なお弁当箱があります。
良かったら覗いて参考にしてみてください^^





この時期あちこちのお店でもお弁当箱が色々と売られているので、覗いてみるのも楽しいですね

私はまげわっぱ、今年こそ!購入します^^












































# 思いでの苦いカレー


長男が家を出て家の中ががらんとしています。
次男は私の寂しさを知ってか知らずか、とても気を使ってくれて・・・申し訳ない(^_^;)



≪2度目の巣立ちだけど≫

長男は中学校を卒業して2年ほど家を出て生活をしていました。
昨年は2年ぶりに一緒に生活をしていたわけで、今回は2度目の自立・・・

寂しさは無いと思っていたのに、何だか寂しいね~(^_^;)

特に料理をしているとき・・・
3人分と2人分を作るのは全く量が違って、ああ、多く作りすぎちゃった~とふと寂しくなるわけです




≪2人で食べる食卓は≫

SSCN0258[1]

昨日はこんな感じのメニュー

ぶりの照り焼き
ふきと厚揚げの煮物
ゆでブロッコリー

ご飯、味噌汁

次男が好きなメニューです
2人で囲む食卓・・・寂しいね~



≪自分の初めての1人暮らしの日はカレーだった≫


始めて私が1人暮らしをした日の夜はカレーを作りました。
そうすると、何日も食べられると思って(=^・^=)
SAWA_okuratomato_TP_V.jpg

嫌いなメニューではないのに、何だか1人で食べる食事って美味しく感じなかったのを今でも覚えています。
苦いような、塩辛いような、不思議な味でした。

高校時代の2年間は仲間がいつもそばにいました。
何をするのも一緒で、食事は作ってもらっていたので、何もすることが無かったのです。

今回は、何もかも自分でする・・・自分で料理をしないと食べることすらできない・・・
始めての環境・・・

どうしてるかな~??

暫くは彼から連絡が来るまでそっと待つことにします^_^;






人気ブログランキングへ























# 普通ってなんだろうね~

我が家の子育ては周りから見たら、ちょっと変わっているかもしれない。

次男は不登校、学校だけがすべてではない、と学校以外の場所で今の所、生き生きと過ごしている。
長男は高校を出て先の見えない就職のような進学のような道に進む。住み込みで働きながら、そこにとどまる期限は自分で決める。仕事と彼がやりたいことは全くの別・・・

SSCN0244[1]

よく認めたね、と周囲に言われることも少なくない。




≪私の両親は皆と同じかそれ以上を求めた≫

私も学生時代学校に行きたくない日が何度もあった。
自慢ではないが、優等生の中学校時代・・・
クラス委員や生徒会の仕事、学級で何かの代表を決める時も決まって何人か選ばれるのだが、その中には必ずいた・・・

seifuku6_sailor_summer.png

まじめで優等生の広井未来さん、と言われる。
もう、それが苦しくて苦しくて・・・

両親にとってはもっともっと出来の良い兄に比べると私はただの凡人に見えるのか?^_^;
もっと頑張りなさい!と完璧を求めた。

普通にしていれば高校はいい所は入れるからね。
でも、あなたは普通以上に頑張らないと!お兄ちゃんに追いつくように頑張りなさい!

普通って言葉に何も違和感を感じることなく、生きていた・・・
でも、両親の求める普通は苦しくて逃げたい気持ちでいっぱいだった。



≪長男が不登校になった時うらやましかったのかも・・・≫

長男が中学校の時に不登校になり、親子で何度も取っ組み合いのけんかをした。

彼が普通の生活から逃げてる、そう感じていた。
でも・・・そうじゃなかった・・・

彼が苦しみを体で表現して不登校という道を選んだことに私は親としてじゃなくて、同じ学生時代を過ごしてきた先輩としてうらやましかったんだ。

私は、仮病を使うことでしか学校を休むという選択肢が無かった。それも頻繁には出来ない・・・

気が緩んでる、とか、無理してでも行きなさい!という言葉が覆いかぶさって来るから・・・

長男とは学校に行く行かないで、何度も取っ組み合いや暴言をお互いに吐きまくった。
近所からしたら通報されてもおかしくないと思うほど・・・
私も両親と取っ組み合いまでは行かないしても、本気で本音でぶつかっていたら、人生変わっていたのだろうか?
そんなことを想ったり・・・




≪今次男が不登校、長男の経験から学ぶ≫
長男の子育てから沢山のことを学んだと思う。

普通でいることの基準て何だろう?
皆それぞれ違っていいんだ
社会に出たときに自分で生きていく力を身に着けることが大切で、多少社会の枠から外れたとしてもそれはそれで必要なことなんだ・・・


そんなことを、考えられるようになった・・・
私自身にも心の余裕が出来たのかもしれない・・・^^

普通はって言葉を使っていると、自分の中で問答することがある(笑)

そもそも普通って何よ!?

SSCN0250[1]











人気ブログランキングへ























# 手づくり弁当

我が家は子どもたちが小さい頃から、お弁当をことあるごとに作ってきました。


KIMG0556.jpg


特に学校がお弁当もちではないのだけけれど、食が進まないとき、やちょっと公園に遊びに行くとき等、子どもたちはお弁当箱を見ると、ワクワクするのか、苦手な食べ物でも食べてくれます。

同じおかずでもお弁当箱に詰めると、気持ちが変わるんでしょうね~

ensoku_obentou.png

それぞれのお弁当箱に詰める時や、大きなランチボックスに詰める時、色々ですが、それを持って出かけるのが楽しみな様でした。
遊びもそこそこに、お弁当まだ~??と聞いてきた昔が懐かしい~(=^・^=)

外で食べるご飯は自然と食欲もましてとてもいい気持ちです^^
私自身も母が作るお弁当を遠足や行事の時に開ける瞬間が大好きでした。

いつもは味気ないおかずもその時はとっても美味しく感じ、母が作るまるいお結びをほおばるとき、とても幸せな気分になったのを覚えています。

お弁当って空けた瞬間のあのワクワク感・・・たまらなく好きです。

そんな話を昨日、カフェのオーナーさんとしていました。
食べること、栄養も大切だけれども、親子で外で食べることがより一層美味しく感じることで、心が満たされるんですね~とオーナーさんも言っていました。


今も時々、母が作ったお弁当を食べたいな~と思うことがあります。
母は料理が苦手で(洋食が)お弁当箱を開けると全体的に茶色くて時には魚の煮つけが入っていたりと、子どもながらに恥ずかしい~と思うこともありましたが、母なりに精一杯愛情をこめて作ってくれたんだよね~と今はなつかしく思います。

一番食べたいのが、母が握ってくれたまあるいお結び・・・
onigiri_nori.png
onigiri_maru.png

他の家庭はさんかくだったり、丸くてものりが小さくまかれていたり・・・我が家だけが真ん丸で、真っ黒なのりがおおわれていて・・・
まるで大福のような丸さ・・・

あれだけはずっと大好きでした。

母は今は病気で体の筋力が落ちてしまい、お結びを握ることもできなくなってしまいましたがまた、食べたいな~

自分で握っても誰かに握ってもらうってもダメなんですよね(=^・^=)
母の手で、握ってくれるからこそ、母の愛情が伝わってくるんです。

子供たちも、そんな風に思ってくれる日があるのかしら?とふと思いました^^




人気ブログランキングへ





















# プロフィール

広井未来

Author:広井未来
2人の息子たちとワンコと暮らしているシングルマザーです。
食育の勉強や子供の発達は食から、日々独学で自然食とは食育とは何だろう?と考え勉強中です。
趣味のマクロビ料理やローフード、和食を中心とした食、子育てのことなどを綴っています。

# 最新記事

# 最新コメント

# 検索フォーム

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
8854位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家族日記
328位
アクセスランキングを見る>>