マクロビ、ローフード、和食を基本としながら、食育と子育ての大切さ、家族が楽しい食卓を囲めるよう勉強中です。

# 身体を緩める

首から肩のコリをほぐしてもらいたくて、友人が通っている鍼灸院に行きました。

昔からあちこちの整骨院や鍼灸院整体に痛みがある度に通っていましたが、そこは体の鏡面的な不調だけでなく、食生活や生活の根本から見直していくお話までしてくれます。

マクロビや冷え取りの本やグッズも置かれており、生活の中で何が痛みの原因を作っているのかを一緒に考えてくれ、アドバイスしてくれます。

私にとっては今までにない治療院・・・

以前よりは食生活や生活そのものを改善しつつありますが、イヤ・・・まだまだ・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

ストイックになることは自分にも負荷をかけるので、出来るところから少しずつ、と思っていたのですが、この痛みの根本的なものが食生活にも影響していることがわかり・・・

まじめに取り組もうと思っています(´・_・`)

朝は食欲がわかず、何年も朝食は食べていません。

どうしても辞めれられない珈琲を1杯だけです。
一日1杯か2杯しか飲まないようにしている珈琲ですが、朝イチの珈琲は体を冷やし、筋肉を硬直させてしまうそうで、今の寒い季節には特に良くない習慣だそうです・・・

coffee20160715025404-thumb-autox1600-24859.jpg


はあ~大好きなコーヒーの香りを朝から楽しむことで目覚が覚めるんだけどな~と思いつつ、改善しないとね・・・

身体が全体的に緊張状態だと言うことで、それを緩める方法や、ツボに鍼をして緩めてもらいました。
身体を緩めることって出来ているようで実はできていない・・・いつも緊張状態でいたんだな~と感覚かちょっとつかめました。

hari_hand.png


小さい頃から歯ぎしりや食いしばりがあったのもそれが原因かも・・・

とにかくしばらく通って体の緩め方や、食生活の改善をしていこうと思います。

SSCN0102[1]

今朝の子供たちのお昼・・・
卒業式まで学校に行かなくていい、長男と、学校へ行っていない次男、2人分

私は今日は食べる時間が無さそうなので、ひとまずお弁当は持たずに仕事へ行きます(^_^;)
こういう食生活がだめなんだろ~な~(苦笑)
せっかく、食事は気を使っているのに・・・

生活の根本を見なおすって結構やることが沢山あるかも・・・













人気ブログランキングへ





















スポンサーサイト

# 砂糖を使わないスイーツ研究中

昨日のお休みは図書館で本を借りて、台所で色々と研究(笑)

で・・・マクロビスイーツに挑戦

SSCN0100[1]

始めて成功(苦笑)

米粉で作った蒸しケーキ
普通の蒸しケーキよりモチモチ感を出してみました。

米粉、黒糖、重曹、上に栗を載せました。
かくし味にシナモンを少し
和な感じですがシナモンの風味が広がりこれが美味しく子供たちにも好評でした^^

白さとうは我が家には置いていません。
黒糖か、メープル、はちみつ、米あめを甘みに使います。

白さとうのお話を聞いてから、甘みはもっぱらこれら・・・

でも、基本は料理に甘みが欲しい時はみりん、などを少しだけ入れるようにしているので、砂糖の減りは少ないです。

まあ、仕事の合間にチョコなどを食べることもありますが、昔ほど砂糖の入った甘いものを食べる頻度は減りました。

そうすると、冷え性でしもやけになるほどひどかったのが、今はかなり落ち着いて、冬のしもやけに悩まされなくなったようです。
食事を変えても、ついつい、甘いものに手が出ることがちょっとネックだったので、たまのご褒美に食べるように感触も意識していきたいですね~


SSCN0106[1]


こちらは前回うまくできた、ロースイーツのチーズケーキ

今回はタルト記事は作らず・・・

デーツがちょっと多かったので甘みがかなり濃厚でしたが(^_^;)

デーツはホント少しの量でかなりの甘みを出してくれるので重宝してます。

さあ!1週間頑張ろ~





人気ブログランキングへ





















# スイーツ大好き

甘いものが大好きな私・・・^^

仕事中についつい甘いものに手が出ます。
昔はチョコやクッキーケーキなどほぼ毎日食べていました。しかもかなりの量^_^;

砂糖の量がハンパないことを知ってから、作ってみようと思い手作りしたこともありますが、分量や焼き加減が私には難しく(;一_一)かなりの割合で失敗します(泣)


先日は米粉とおからでクッキーを作ってみましたが・・・失敗(´・Д・)」

今は一番成功する確率が高い(笑)

ロースイーツが手軽で簡単に出来ることを知り、色々と工夫しながら作っています

SSCN0079[1]


ただ・・・コストは普通のお菓子を作るよりかかってしまいますが・・・買うよりはお得かも、と思い・・・

KIMG0610 (1)


甘いものが好きな人は、白さとうの甘みに中毒性があると聞いたことがあります。

きっと私もそうなんだろうな~と・・・

白さとうの代わりに、米あめやメイプルシロップ、ドライフルーツなどの自然の甘みを使って作りますが、その甘みだけで充分満足できます。

最近は急にやめられない甘いものの量を減らし、ドライフルーツやナッツで間食タイムです。
元々、ナッツやドライフルーツは好きで時々食べていたので、抵抗はありません。
ナッツも噛んでいると甘みが広がりお腹も満足するから好きです^^

ロースイーツはその、ナッツやドライフルーツも使い、見た目もケーキやチョコと同じに出来上がるので、まさに簡単美味しく出来るスイーツです^^

KIMG0588.jpg

クオリティーが高い、ローフード教室の先生手作りのロースイーツはホント美味しかった!

最近はロースイーツのお店もできて、勉強がてら時々自分へのご褒美として食べたりしますが、ホント見た目は普通にケーキです

KIMG0645 (1)

チーズが入っていないのに、普通にレアチーズケーキのお味になるし、タルトは小麦を使わなくてもタルト生地が普通のタルトと同じ食感に・・・

ロースイーツの美味しさと甘みを味わうと普通のチョコやケーキがとても甘く感じます。



ナッツ、ドライフルーツ、果物、メープルシロップなど、砂糖の代わりになる甘みや小麦の代わりになるものがあることにロースイーツの面白さがあって、ますます作るのが楽しくなっています^^




人気ブログランキングへ





















# 気の流れを感じる

私は平均体温がかなり低いと以前の記事で書きましたが・・・

去年の春に来るまで自損事故を起こしてしまい、軽いむちうちになってから、身体が冷えると首から肩にかけて痛くて(-"-)
この冬はひどく痛みが増して、先日から首から肩にかけてしびれています(泣)

食べ物でなるべく体を温めるようにして、首も冷やさないようにとストールをまいたりしています(;一_一)

でも、痛い。゚(゚´Д`゚)゚。

昨日はクラニオという施術を勉強している友人が簡単な施術をしてくれました。
クラニオ、ご存知ですか?
私は初体験でした^^

身体の声を聴きながら、そっと手を当てるだで、ジンワリとカイロのような暖かさを感じます。

私は目に見えないエネルギーも感じる人なので、この施術はとても心地よく、首周りの動きが広がりました。
温めると言うよりも体の声を聞いてじっとそこに手を当てる、そんな感じです。



エネルギーとかって目に見えないので、怪しいと思われがちですが、マクロビの世界では気を整える、気を感じる、そんなお話も出てきます。
気って食べ物の中にもあります。
美味しいと感じる食べ物は味が良いだけでなく、作った人の気が入り込み、美味しいと感じることでもあるのです。

KIMG0478.jpg

特別豪華な料理では無くても、心をこめて作った食事はいつもより美味しく感じる・・・^^
日々の食事を丁寧に作ることで味も食べた後の心地よさ満足感も全く違います。

スピリチュアルな世界と思われ胡散臭いと感じるかもしれませんが(^_^;)

本当です・・・

一度試してみてください(^^♪




SSCN0093[1]

それが書かれてあるのがこの本

大阪で素敵なカフェをされているちこさん。
ここまで徹底して台所を神の領域としながら日々お客様に心を込めた『開運ごはん』を提供しています。

一度行きたい!

気の流れが滞ると体にも色々な影響が出てきます。
今回の私の首から方への痛みも、物質的な鞭打ちから来ている要因は大きいですが、不思議と忙しい時や自分に余裕が無い時はひどく傷むのです。

そんな時は軽く深呼吸をしてゆっくり目を閉じながら体の声を聴くようなイメージをします。

呼吸は体の力を抜いてくれ、深い呼吸であればあるほど体の力が抜けて血液の流れが良くなってきます。

気功、ヨガなども深い呼吸を意識しますね。

目に見えないものだからこそ、それを意識して日々の生活に取り入れることをするだけで自分メンテナンスにもつながって行くのかな、と思うのです。
物質的な痛みや不調は医療などの力も借りて程よいお付き合いもありだとも思います^^

注:あくまで私個人の見解ですが






人気ブログランキングへ























# 子どもの目標

先日子供たちと話をしていて、長男が言いました。
『うちって変わってるよね~』
えっ?なぜ??と聞くと

『だってさ、進路や夢の話を親としても夢は大きく持てとか、進路のことにあれこれ口うるさく、こうしろ、ああしろって言わないし、お母さんは、素晴らしい俺が決めたことに対して素晴らしい夢だって言うじゃん。自分で決めたことに向かって、とりあえず頑張ってみたら?って言うけど、周りの友達の親は、もっと現実的なことを考えて決めろとかその学校に行ったって就職できないとか言われてるみたいだけど。』

思わず親子でニヤッと笑ってしまいました^_^;
そうか~そうだよね・・・

わが子が困らなように、将来ちゃんと自立できるようにアドバイスしたくなるよね。

もちろん私だって息子が将来路頭に迷ってしまうことは避けたい、自立して自分で生きて行く力をつけて欲しい、それは他の親御さんと同じだ。
でも、目標や夢は親の本意でないことも成長と共に出てくるわけで、子供が思い描いてそれに向かおうとしている姿を阻みたくない。ただ、親が敷いたレールの上を子どもが歩むことだけが子供にとって最善の幸せだとは思っていないのが正直な所・・・

そんな話をしながら、自分が高校生の時期に親と随分衝突したことを思い出しました。

yuka16011201IMG_5612_TP_V.jpg


母は私にはいずれは嫁に行き旦那様に養ってもらうのだから、花嫁修業が出来るような料理学校や洋裁などの服飾の学校へ行きお見合い結婚をして女の幸せを、と願っていました。
父は、看護師か薬剤師になれ、と願い、その後やっぱりお見合い結婚をして働きながら幸せな結婚生活を望んでいました。

その時は親と口も利かないほど喧嘩が絶えず、初めて両親に暴言を吐き、プチ家出をしたことも(^_^;)
今となっては懐かしい想いでですが、当時は両親にいつも

『私の人生なのに、なぜお父さんやお母さんが決めた所に行かなければいけないの!?私は将来なりたい職業があって、それに向かって大学に行きたいの!!』

その夢は経済学を学んでマスコミ関係の仕事に就くことでした。
結局1年浪人生活を送り翌年経済学部に入学、でも、1年後に全く違う学部の短大へ入学し直しました。
何とも親を困らせる子どもでしたが・・・

hongkong_DSC02635_TP_V.jpg


今は当時とは全く違う職種で20年以上も働いていますが、今でも父は
『あの時無理やりにでもお前を看護師にさせるべきだった。』
と言います。
、『高学歴』という夢を子供に託したかったのでしょう・・・

兄は高学歴で今は安定した仕事に就いているので、父にとっては自慢の息子ですが、私は2回離婚をし、幸せな結婚生活も送れず、今の仕事は安定せずなかなか苦しい生活を見てからか

『お前の育て方は失敗だった。』
と言います。
まあ、父は元々人のことを考えず何でもズバズバ言う人なので最近はこういう人なんだと思えるようになりましたが・・・

それを孫たちに強要することが最近は多く、子どもたちも、おじいちゃんに会うと〇〇大学に行きなさい、将来は〇〇になりなさい、と言うものだから、正直うんざりしていることも・・・
私には
『親のお前が子供たちの将来を決めないとダメだ。』
と言いますが^_^;

子供たちには彼らの想いを尊重しながら一緒に考えるようにしたいとは思っていました。
進路を決める段階で、息子にはなるべく彼が思っていること、やりたいことを聞いていたことで、ただ彼の意思を聞いていただけでしたが、彼にとっては自分の夢を笑うことなく聞いてくれた親が一番の理解者だと思ってくれていたようです。

正直な所、嬉しい反面、確かに将来大丈夫か?という気持ち、でもこの子は自分で未来を切り開いて行ける!と信じる気持ちが入り交ざっているのは事実ですが(^_^;)

失敗や挫折を経験すことも、大人になる過程では必要なことだと思います。
わが子が苦しんでいる姿は見たくはありませんが、そこを見守ることもひつようなことだと思っています。

両親は私が苦しんで挫折をしている姿を見たくはなかったのかもしれませんね・・・











人気ブログランキングへ























# 子ども食堂・子どもの貧困

子ども食堂が全国各地にあるのを知っていますか?

主旨としては、親が仕事で忙しく帰宅が遅い子供や様々な理由で食事もままならない子供たちのために地域が見守りながら子供たちに食事を提供する取り組みです。

family_syokutaku.png

食材も地域によっては様々な様ですが無料提供してくれる方からの支援で賄っている所も多いようです。また、食事の代金は無料というところから、少額でもお金をいただくところもあります。
食事を作る人は地域のボランティアが支えています。

その子ども食堂も賛否両輪あるようですね。

家族で食事を摂れない子供や親の何らかの理由で子供に十分な食事を与えられない家庭にとっては子ども食堂はありがたい存在です。
あくまで子ども食堂は子どものための居場所ですが、そこが大人のための食堂になっていないだろうか?という意見も出ているようです。
地域によっては貧困家庭の子供たちが来ている割合よりも手軽に安価で食事が出来ることでそれ以外の子供たちや家庭が多いとの報告もあるようです。
そこの線引きは受け入れる側としては難しいのでしょうが、そもそもの趣旨と少し離れてしまった方向に向かっている様子もうかがえるようですね。
せっかく広がったこの取り組みが本当に苦しい家庭がもっと利用しやすい方法で来てもら居るようになってほしい・・・

food_one_plate.png


先日学校の先生と話す機会があり、子どもたちの給食の様子を話してくれました。
ガツガツと食べる子の中には、食事を摂らず登校してくる子が多いと言います。その中にはご家庭でまともな食事を摂っていない子が数名いることもあると言います。
朝起きられず朝食を取らずに登校してくる子も多いようですが、中には朝食だけではなく、何らかの理由で食事を作ってもらえない子もいるそうです。
昔はそのような家庭の子は服装も同じものを毎日着ていたりと見た目にもわかる感じだったのが、今は身なりもきちんとしていて一見わからない子が増えたそうです。
よくよく聞くと親の帰宅が遅く朝は寝ていて起きてくれないので1人で身支度をしてそのまま学校へ行き、帰宅すると親は仕事に出かけており、深夜まで1人で過ごしている、そんな子も少なくなくなったと言います。食事はいつも1人か兄弟だけで、食卓には惣菜やレトルトカップめんという子も・・・

そんな子は学校の給食で命をつないでいると言っても大げさではないと言います。


戦後の日本は飢えと貧困の家庭が多く子供たちはいつもお腹を空かせていました。
もしかすると形が違えど今の日本は昭和初期の日本と同じ道を歩んでいるのかもしれません・・・




人気ブログランキングへ























# 子どもの摂食障害

私は摂食障害で何年も苦しんだ時期がありました。

食べることが怖かった時期と食べたくないのに、食べることを辞められない時期・・・拒食と過食の両方・・・

その時期は食べ物がおいしそうと感じたり、美味しいと味わったことがありません。
ただ気持ちを落ち着けるためだけに口に何かを運ぶ、食べ物が悪魔に見えて食べ物を見るのも怖い、そんな時期の繰り返しで、今度は何が私を襲ってくるんだろう?そんな恐怖でいっぱいでした。

今その時期を振り返ると、食べられない時期や食べたくないのに泣きながら大量の食べ物をむさぼるように食べていた時期の感覚はあまり覚えていません。

摂食障害で何年も苦しんでいる方は今も多いようですね。

大人に限らず、子どもも摂食障害で苦しむお子さんもいます。
私の友人のお子さんは不登校から摂食障害になり、昼夜逆転の生活を送っています。
夜中に家族が寝静まった頃、冷蔵庫をあさって朝までひたすら食べているそうです。
食べ物が無くなってしまうと、夜中でもかまわず親を起こしてイライラをぶつけるように買いに行かせるそうで…苦しみを語ってくれました。
それを拒否すると暴れるそうです。
食べ終えると満足したようにトイレに行きすべて吐いてしまのをもう何年も繰り返しているそうです。
普段は穏やかで、おとなしい子がスイッチが入ると人が変わったように食べ物で暴れる・・・
暴れているときの記憶は本人もあまり覚えていないそうで、自分を抑えられない衝動に駆られているようです。

友人は仕事で忙しい中でも食事をきちんと作りお子さんの健康管路もしっかりしてきたのですが、思春期に入るころから精神的に不安定になってきた頃から過食、拒食が始まったそうです。
学校でいじめに合い、両親が離婚するなど、生活環境の中で心を痛めることが多かったのも要因の一つだったのかも、と友人は言います。
そして、私が子供のことよりも、仕事に時間を割いて寂しい想いをさせてきたことも反省なの、と言っていました。

子どもにとって食べる内容も環境も大事だと言うことを彼女を通して考えさせられました。

家族がそろって食卓を囲む幸せ、それは料理とは無関係だと思われますが、それも食事の大切な要素なのだと思っています。
今は少しずつ体調も落ち着き、引きこもっていた時期から少しずつ外へ出られるようになり、過食拒食の時期や回数も減って来たそうです。
そこには友人の子供を信じて見守ること、決して子供を責め立てず受け入れることを忍耐強く行ってきたこともあるのだろうな~と感じます。

SSCN0088[1]

昨日は帰宅が遅くなり、あわてて作ったおかず2品^_^;

オムレツは中身がゆでたキャベツとしそです。
そしてホウレンソウの胡麻和え

なすと小松菜のお味噌汁と酵素玄米(写真撮り忘れました 泣)

昼は外食だったので、お腹が空かない私(;一_一)
オムレツだけ食べました~



人気ブログランキングへ





















# 01/24のツイートまとめ

mi8888ai3333

RT @hikari46182452: ホルモンバランスの崩れによる不調に。PMS、生理痛、生理不順、更年期障害などにお悩みの方に。ハーブティーで体質改善。Happyブレンド*女性ホルモン整えハーブティー by Mint Lace https://t.co/C0U1xC
01-24 19:38

# 悩んで悩んで自分で出す答え

色々と人生の転換期な我が家・・・

1433717160692.jpg


進路を考え決めた!はずの長男は色々なことを考え悩んでいたようです。
ここしばらく考え込んでいるな~と思ってはいたけれど、自分で考えること、何かあったら相談してくるだろうと思い少し見守っていました。
今朝色々と朝から相談を受けて、本人が思い悩むことを受け入れつつ、彼の話を聞いていると、まさに今の私の状態と同じだな~と思えるように・・・

もう高校も卒業する息子に成長を感じたり、この先のことを考えるとどうするんだ!?と想ったり・・・
でも、親の意見はあくまで意見で、決めるのは本人・・・これくらいになると逆に親の意見は聞き入れないし・・・

人間後悔しない人なんていないんだよ~ でも、その後悔をした時に、誰かや何かのせいにすることは違うんだよ~

とだけ言っておきました。

あの時あの状況だったから、あの時あの人がああいったから、それは自分が楽になる言い訳にしかならないこと・・・

ハイ、私の経験からです(^_^;)
そんなことしたって何もいいことない、
自分で選んだ選択だから、自分があの時こうするって決めたから今後悔してるんだ・・・でも、それは後悔ではないのかもしれない。
先の自分が向かう方向に向けて必要な状況なのかもしれない・・・

大人になるって苦しいことでも大変なことだけでもない、ことも付け加えておきました。
その中で、今までの守られた環境から自由になり、逆に自分に対しての責任も伴ってくる子こと・・・

KIMG0314.jpg


今の息子と同じ時期、私は何を考えていたんだろう?そんな過去の記憶も思い出しながら、守られた環境からちょっと大人の世界に足を踏み入れる不安や戸惑い・・・きっとあの頃の私も息子も同じなんだろうと思います。

自由を手に入れる分、自分への責任は沢山出てくるってことが社会に出ること・・・

そんな話を朝から^_^;









人気ブログランキングへ





















# 甘いものが食べたい!

スイーツが大好きな私は沢山ではないけれども毎日何かしら甘いものを食べています。

自分へのご褒美?と称して
仕事柄カフェで人と会うことが多いので、ついつい飲み物以外に頼んでしまう

これは絶対にダメ!という制限を自分にかけないようにしています。
それをしてしまうと、もっと食べたい欲求が湧いてきてしまうからですが・・・
でも、食を見直すようになって、身体が甘いものを取ると冷えが悪化したりイライラが増したり、胃もたれするようになってきました。
そこで、ナッツやドライフルーツ、サツマイモなど自然の甘みがあるものを食べるようになってきました。
ただ、それでも満足できないこともあります。

ローフードやマクロビを勉強するようになって、美味しいロースイーツを食べて普通のスイーツと変わらない美味しさを知ってからロースイーツやマクロビのスイーツを時々食べに行きます。
でも、家でも手軽に食べたいな~と思うようになりレシピを片手に作ってみています。
ロースイーツは初心者の私でも手軽に作れるようです(=^・^=)

SSCN0078[1]

本当はレモンで作るこのロースイーツ
レモンが高くて^_^;なので、家にたまたまあったいただきもののゆずをメープルシロップに付け込んで乗せてみたらいい感じ(^^♪

そして、シークワーサーの原液もお土産でいただいたものがあり(笑)混ぜてみました。

チーズケーキのお味!

材料をただただミキサーで混ぜて冷凍庫で固めるだけ!
簡単美味しいスイーツが出来ました。

ロースイーツはコストがかかるのでお店で買うと1切れかなりのお値段がします(-"-)普通のケーキの倍の値段・・・
ちょこちょこ買って食べる感じではないのです・・・

こちらもコストはやや高めになりますが、買うよりもかなりお得だと思います^^

SSCN0079[1]

今回はワンホール作ってもお店で買う1切れ分の値段よりお安くできました^^

今度は米粉を使ったスイーツに挑戦してみたい!







人気ブログランキングへ





















# プロフィール

広井未来

Author:広井未来
2人の息子たちとワンコと暮らしているシングルマザーです。
食育の勉強や子供の発達は食から、日々独学で自然食とは食育とは何だろう?と考え勉強中です。
趣味のマクロビ料理やローフード、和食を中心とした食、子育てのことなどを綴っています。

# 最新記事

# 最新コメント

# 検索フォーム

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
8854位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家族日記
328位
アクセスランキングを見る>>