マクロビ、ローフード、和食を基本としながら、食育と子育ての大切さ、家族が楽しい食卓を囲めるよう勉強中です。

# 春は苦みのあるお野菜を

日差しが春らしくなってきましたね^^
春はデトックスの季節です。
冬にため込んだ朗は廃物や落ちていたメンタルを整える季節でもあるようです。



【苦みのあるお野菜が春は出回る】

春の野菜とって何が思い浮かびますか?
フキノトウ、菜の花、つくし、ふき、たけのこ、など・・・
色々ありますが、どれも苦みがあるような濃いお野菜ですね。
これらのお野菜には、グルコシードという意成分がたっぷり入っています。
0a367f0f1e3477eba05cb577148bdb10_s.jpg

グルコシードとは・・・?
アブラナ科に含まれていて、辛み成分があります。
発がん性物質や、アレルギーにも効果的とも言われており、解毒作用があります。



【苦み成分のお野菜どうあくぬきする?】

ふきやタケノコ菜の花など、私はこの季節になると美味しい苦みのあるお野菜が食べられてとってもワクワクしますが
子供たちが小さい頃は、これらの野菜は色々と工夫して出していました。

子どもには苦みのあるおい野菜は基本あまり摂取しなくても十分ですが・・・

調理するにあたって、十分に行いたいのが『あく抜き』です。

あく抜きを充分行うことで、苦みや辛みがかなりなくなり、食べやすくなるので苦みや辛みが苦手なお子さんでも食べられます。

・そのまま水につけておく
・酢水につける
・重曹につける
・塩水につける
33928e8072b1c20e1466da385aaaded7_s.jpg

色々ありますが、野菜によってあく抜きの効果的な方法は違います。

私は個人的に何でも重曹の水に30分くらいつけておきます。



【子どもが食べやすい調理法で】

あくを抜いたら、お子さんには少し食べやすい状態になりましたね。

我が家では、パスタなどに入れ調理しました。

評判が良かったのが、菜の花とたけのこの和風パスタです。

be71a6f8bd939bdbf7232d9679440c32_s.jpg

・菜の花はさっとゆでて、たけのこもゆでたものを食べやすい大きさに切る
・フライパンにオリーブオイルを熱して、みじん切りにしたニンニク(お好みで)を熱して野菜を入れ軽く炒める。
・塩コショウで味をつけ、香る程度に醤油を入れます。
・最後にほんのすこしだけ、バターを入れると香りが引き立ちます。

我が家では、バターを入れずニンニクを多めに入れて食べます。

お試しあれ~
86f303ceb64d7d05aad61ff4ea0ff32a_s.jpg




































スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

広井未来

Author:広井未来
2人の息子たちとワンコと暮らしているシングルマザーです。
食育の勉強や子供の発達は食から、日々独学で自然食とは食育とは何だろう?と考え勉強中です。
趣味のマクロビ料理やローフード、和食を中心とした食、子育てのことなどを綴っています。

# 最新記事

# 最新コメント

# 検索フォーム

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
4451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
293位
アクセスランキングを見る>>