マクロビ、ローフード、和食を基本としながら、食育と子育ての大切さ、家族が楽しい食卓を囲めるよう勉強中です。

# 子育てと食育

子育てをしていると、食育という言葉を良く聞きませんか?

食育ってそもそも何?と思っていました。
何となく健康や体に良い食事を心がけることだとは思っていましたが・・・
このブログの中でも食育って?と何度か書きましたが、幅が広くてこれ!と言ったものは無いのでは?と・・・


【マクロビオティックで言うと中庸?】

マクロビでは陰陽という言葉があります。
季節体調に応じて陰と陽の生活や食を意識すること・・・
でも、あまりにも偏り過ぎてはいけないと・・・
そのバランスが中庸
バランス良くですね

食生活を食育で考えるならば、偏った食事や考えでも健康には良くないこと、育ち盛りの子供だからこそ、バランスの良い食事は大切になると言うことなのでしょうね。
SAWA_hotsarada_TP_V.jpg

我が家は玄米や雑穀、野菜中心の食事をしています。
でも、白米や肉魚もいただきます。
外食もします。

現代社会で生きているからには、そのような嗜好も心の栄養に欠かせないと思っているのです。

そのような食事をした日は他の食事はちょっと意識して野菜中心にするとか、デトックス出来るようなメニューにするとか、食事の量を控えるとか、身体の声に耳を傾えることで調整できるようにしています^^





【子育てに必要な食育】

食育は子どもの心を育てるものだと思っています。
食べることって、生きることに繋がっていますよね。

命をいただく
食べ物があること、食べられることに感謝する
作ってくれる人に感謝する


心を育てて、自分の命に感謝する

人間は1人では生きていけないことを知り、命の大切さを知る

それも食育の大切さだと思っています。

引きこもりや心の不調を訴えている子は、心の栄養失調になっているのかもしれません。
hikikomori_toukoukyohi_girl.png

全て心が食で満たされるわけではないかもしれませんが、誰かが作ってくれた食事を誰かと食べることが出来れば少しずつでも心が満たされていくようになるのかもしれませんね。

以前、引きこもっていた知人のお子さん・・・
何年も部屋で食事をしていました。
ママはシングルで朝から夜遅くまで仕事に忙しく、食事をつっては置いておくのですが、お子さんはそれを部屋で1人で食べていたそうです。
せめて、親の愛情を、と思い食事を作ることを頑張っていたママ
でも子どもはママと一緒に食べたかったようで、せめてどんなに遅くなっても夕食だけは一緒に食べてみたら?とカウンセラーからアドバイスをもらい、初めは拒否していた子どもに毎日声をかけて、少しずつ一緒に食事をするようになったそうです。

その後子どもは部屋から出て、進学をし、今はしっかり社会の中で働いているそうです。

食育の定義って色々・・・
親子の絆を強くする、結ぶ役割もあるんだな~と感じたエピソードです^^




























スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

広井未来

Author:広井未来
2人の息子たちとワンコと暮らしているシングルマザーです。
食育の勉強や子供の発達は食から、日々独学で自然食とは食育とは何だろう?と考え勉強中です。
趣味のマクロビ料理やローフード、和食を中心とした食、子育てのことなどを綴っています。

# 最新記事

# 最新コメント

# 検索フォーム

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
8854位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家族日記
328位
アクセスランキングを見る>>