マクロビ、ローフード、和食を基本としながら、食育と子育ての大切さ、家族が楽しい食卓を囲めるよう勉強中です。

# 家庭で食育

我が家の長男、春から社会人1年生です。

共同生活で料理などの家事は自分でこなさなくてはいけなく、片付けが苦手な彼が周りに迷惑をかけず^_^;掃除が出来ることを祈ってますが・・・(苦笑)



【料理を子ども教えること】


我が家の子供たちは簡単な料理なら出来るようになりました。
味噌汁、炒め物、カレー、チャーハン・・・

長男は小さい頃から子供用の包丁を手にして時々一緒に料理を作ることもありました。

ceramic_houchou.png

おままごとの包丁で遊びながら、始めは包丁の持ち方から、少しずつトントンと野菜を切ること、少しずつやりたい気持ちを尊重しつつ、家庭でしかできないような『食育』なるものを一緒に楽しみ、自分が切ったお野菜が調理されて食卓に並ぶまでを見ながら・・・

お蔭で今は最低限の料理は出来るようになりました。

クツ〇パッ〇を参考をにしながら(笑)自分なりにアレンジしながら食べたいものを作るまでになりました。

子どもに料理を教えることって一緒に楽しみながら、親子で研究しながら作る楽しさを伝えていくことは私も勉強になり、子どもとのコミュニケーションを取る楽しい時間です。

素材がどんな形になっていて、それをどのように調理したらこんな料理が出来るのか?

それを身近で見ることで、子どもなりに色々と考えるようです^^




【お肉の種類や魚の本来の形や種類を知ること】



お肉が豚なのか?鶏なのか?牛なのか?魚がどんな魚でどんな形をしていたのか?を時には図鑑や写真などで教えながら興味付をすることもありました。

小学校低学年の時に長男がアジをもらってさばいていた私に言いました。

『うわっ!気持ち悪い~』

そうか~普段はきれいに切られているか、頭や内臓が無い状態のものしか見たことがないんだった・・・
気持ち悪い、と言いながら興味津々な長男は最後まで魚をさばく様子を見ていました。

それが調理されて食卓に上ると、食べるかな~と思いましたがそこは食べることが大好きな子(^^♪

『さっきの魚がこんな料理に変身するんだね!美味しいね!』

それから、時々釣りにも連れて行き、魚を触ることやどうやって泳いでいるのかも観察しました。
調理だけではなく、家庭に材料がやって来るまでの家庭や本来の姿を見ることも立派な『食育』だと思いました。

cooking01_yaku.png



【料理は作るだけでなく片付けまで】


おもちゃと一緒で作ったら片付ける作業まで行うのよ、と教えてきたつもりですが^_^; 片付けが苦手なわが子たち・・:なかなか定着しません。

春から社会人として今日ふぉう生活を送る長男には、そこをしっかり教えていかなければ、と思っています(^_^;)

sara_arai_man.png

小さい子供なら、食器洗いから初めてもいいかもしれませんね^^
遊び感覚で出来るので、ママが料理をしている横で、洗物担当になってもらう(割らないように気を付けてながらね^^)







人気ブログランキングへ



























スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

広井未来

Author:広井未来
2人の息子たちとワンコと暮らしているシングルマザーです。
食育の勉強や子供の発達は食から、日々独学で自然食とは食育とは何だろう?と考え勉強中です。
趣味のマクロビ料理やローフード、和食を中心とした食、子育てのことなどを綴っています。

# 最新記事

# 最新コメント

# 検索フォーム

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
4162位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
260位
アクセスランキングを見る>>