マクロビ、ローフード、和食を基本としながら、食育と子育ての大切さ、家族が楽しい食卓を囲めるよう勉強中です。

# お母さんの愛情弁当

先日仕事でとある会社の女性社長様とお話をする機会がありました。
その社長様、毎日忙しいながらもお子さんの幼稚園のお弁当をしっかり作っておられて
これが私の今できる子どもへの愛情なんです、と話されていました^^




【お弁当からの愛】


私は弁当箱を開ける瞬間が大好きで、母が作ったお弁当を毎日楽しみにしていました。
母は料理が苦手で、高校生の頃になると、毎日茶色い弁当を開けるのが恥ずかしい、と思うこともあったりしましたが、今思えば誰かが作ってくれたお弁当は格別に美味しかったんですよね~

今は自分で作るしかないのですがたまに誰かに作ってもらうお弁当を食べたいな~と思います(=^・^=)
見た目は良くなくても(笑)母の愛情がたっぷり詰まった弁当が食べたい~!
SSCN0348[1]
その社長様も・・・

私は料理が得意ではないのですが、子どもは喜んで毎日食べてくれると自信がついてくるんです。
愛情をたっぷり弁当箱の中に詰め込んでます 笑

素敵な笑顔でお話されていました^^




【お弁当の日】

子供たちが保育園へ通っていた時、毎月 お弁当の日という日がありました。
その日は給食はお休みでそれぞれお母さんが作ったお弁当を持参します。

長男はあまり食べない子だったので、小さめの弁当箱に彩りよく詰めるのが大変^_^;

次男は食べすぎるくらいに食べる子だったので、毎月先生から
bentou_boy2.png

ちょっと足りないようなので、少し大きめのお弁当箱の方がいいかもしれません。

と毎月弁当箱の大きさを変えて、内容を工夫していかに満腹にさせるか?に悩みました^_^;

お弁当の日は朝から大変でしたが、子どもたちの笑顔を想像して作るのも楽しみだったんです。





【お弁当の魔法】

お弁当って魔法だと思います 笑
変な発言ですが・・・^_^;

子どもって、普段は食べられない苦手な食べ物をお弁当箱に詰めると、食べられる子もいますよね。
36128fe8501de57f55b86252932ca7b1_s.jpg

長男がそのタイプでした。
嫌いな野菜をお弁当の日に大好きなキャラクターの弁当箱に入れると頑張って食べてくれたので、調子に乗った私は、苦手な食べ物を食べさせたいときは自宅でも弁当箱に詰めて食べさせたこともあります^m^

あまり頻繁にやると食べなくなるので、特別な日として弁当箱に活躍してもらいました
お母さんの愛情たっぷりのお弁当の威力ってすごい!




























スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

広井未来

Author:広井未来
2人の息子たちとワンコと暮らしているシングルマザーです。
食育の勉強や子供の発達は食から、日々独学で自然食とは食育とは何だろう?と考え勉強中です。
趣味のマクロビ料理やローフード、和食を中心とした食、子育てのことなどを綴っています。

# 最新記事

# 最新コメント

# 検索フォーム

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
7243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
474位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。