マクロビ、ローフード、和食を基本としながら、食育と子育ての大切さ、家族が楽しい食卓を囲めるよう勉強中です。

# お母さん、ありがとう!

昨日は母の日でしたね。

一足早く母にプレゼントを渡してきました。
昔はエプロンとか、ハンカチとか母が使えそうなものを探すのが楽しみで、友達と一緒に買いに行ったりしていました。



【母の喜ぶ顔が見たくて】

ありがとう・・・
その言葉を聞けるの母の日や母の誕生日にプレゼントを渡した時だけでした。
Photoelly001_TP_V.jpg

母は厳しい人で、何か母を手伝うことなどをしても、ありがとう、当言葉を言われたことがありません。

やってあたりまえでしょ

そんな言葉を言われたことがあります。
ありがとうと言う言葉を聞きたくて、自分が存在していいんだという実感を味わいたくて、母の気に入る最高のことをしたかったのかもしれません。




【親が子供に謝るなんてどこの世界にそんな家族がいるの!?】


ありがとうと、ごめんなさい、
その言葉は母の中で子供に言う言葉ではないという認識があったようです。

ある日、母が出かけていき、私の下校時間に間に合わなく、私は鍵も無く、家に入れませんでした。
いつもなら、所定の場所に置き鍵があるのですが、そこにもありません。
しばらくして母が帰ってきて

あれ?いつもの場所に鍵が入っていなかった?

と言います。

私はトイレに行きたくて我慢していたこともあり、かなりイライラしていました。

なかったよ!

母はそのまま鍵をあけて家の中へ・・・
イライラしていた私は、思わず母に

お母さん!ごめんね、って言ってよ!

売り言葉に買い言葉なのかもしれませんが、

子どもにごめんね何て言う親がどこの世界にいるの!?

ごめんね、という言葉は母の中に無いんだ、と思い込んだ時でした。
確かに手伝いをしても、ありがとう、とは言わず、やって当然と言う母・・・




【今は、介護をしている中で何度もありがとう!と手を合わせる母】


あの頃の母は、親としての威厳を保ちたかったのかもしれません。
母もそうやって育ったのかもしれません。

今は母の介護をしながら、何度も何度も手を合わせてありがとう、と言う母・・・
keirou_obaachan.png

もしかすると、あの頃は子どもにありがとうと言うのが照れ臭かったのかもしれません^_^;























http://shop.hattendo.jp/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

広井未来

Author:広井未来
2人の息子たちとワンコと暮らしているシングルマザーです。
食育の勉強や子供の発達は食から、日々独学で自然食とは食育とは何だろう?と考え勉強中です。
趣味のマクロビ料理やローフード、和食を中心とした食、子育てのことなどを綴っています。

# 最新記事

# 最新コメント

# 検索フォーム

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
8512位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
555位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。