マクロビ、ローフード、和食を基本としながら、食育と子育ての大切さ、家族が楽しい食卓を囲めるよう勉強中です。

# イライラモードで作る食事はまずい! 苦笑

まだ夫と暮らしていた頃(1度目のね 笑) 家事に育児に、仕事にと日々の生活がいっぱいいっぱいだった時の事・・・

元夫が

何でそんなに頑張るの?
出来ないときは手抜きでいいじゃん!

彼は毎日帰宅が遅くて、休みの日もいない生活・・・
思わずブチ切れした私・・・

あなたは仕事でほとんど家にいないのに、私がやらなくて、誰が家のことや育児をしてくれるの!?

その後夫は何も言わなくなりました。



【精一杯のねぎらいの言葉だったのかも・・・】

あの頃は余裕が無かったんですね。
いつも夫に八つ当たりしてました。
こんなに一生懸命にやっているのに、誰も私の頑張りを認めてくれない!

そんな気持ちでいっぱいでした。

そんな時の食事は美味しくない・・・
ホントまずいのです

まだ幼かった長男もせっかく好き嫌いを克服した時期にイライラマックスの私の作った食事はすべて残す、そんな日も多々ありました。
言葉が早かったので、2歳位の時には

おかあしゃん!ごはんまずい!!

イラッとして部屋に籠ってしまった時もあります 苦笑
今では笑い話ですが・・・



【イライラ、悲しい、不安、そんな気持ちで作った食事は・・・】


最近の話です。

普段から味噌汁にうるさい息子が、一口味噌汁をすするなり・・・

今日の味噌汁味が濃いけど、ただしょっぱいだけの感じがする・・・

その日は仕事でイラッとしたことがあり、イライラモードで食事の支度をしていた私・・・
頭の中は怒りモード・・・

でも、食事はしっかり作りました。

味噌汁にうるさい次男のために、出汁をとって、味を調えたつもりでしたが、さすが味噌汁オタクの息子^_^;





【料理は作った人の心を映す】


ホントそう思います(;一_一)

家族は普段の美味しい味をしっかり覚えているので、一番わかっているんだと思います。

昔、体調がすぐれないことが多い病弱な母が頑張ってお弁当を作って持たせてくれた時が数日間ありました。
必死にお弁当を作っている母・・・

私にとっては学食や購買でいいのに、と思うのですがどうしても弁当を持たせたい母は、休み休み弁当箱におかずを詰めていました。
それを手伝うでもなく、ぼーっと見ていた私・・・

昼になり、弁当を開けると、なぜか食欲がない
普段は当時流行って(?)いた、早弁(食事以外の時間に弁当を食べること 笑) をし、昼は購買でパンを買って食べていたほど弁当の時間が待てない私でした。

でも、母が不調の時に作ってくれた弁当は数日間食べてもおいしくなく、残してしまうほど・・・
全く美味しく感じることが出来なかったのです。

私も体調を崩しているわけでもなく、むしろ元気^_^;
さすがに放課後はお腹がすき、帰りに友達とファーストフードに寄って寄り道をしていました。


料理はその人の心や感情の写しだと感じたのは自分も親になって子供たちや家族に食事を出すようになってからです。
あの頃自分が母の料理が美味しい時と美味しくないときがあったこと、わが子たちも、せっかく頑張って作った料理を残したり、手抜きだけど、いいや~と楽観的に作った適当料理を美味しいと言っておかわりしてくれた時、私の感情が入り込んでいるんだと感じたからです(*^_^*)

だからこそ、色々な感情を手放して心を籠めて料理を作りたい、そうおもうのです^^



























http://shop.hattendo.jp/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

広井未来

Author:広井未来
2人の息子たちとワンコと暮らしているシングルマザーです。
食育の勉強や子供の発達は食から、日々独学で自然食とは食育とは何だろう?と考え勉強中です。
趣味のマクロビ料理やローフード、和食を中心とした食、子育てのことなどを綴っています。

# 最新記事

# 最新コメント

# 検索フォーム

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
4162位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
260位
アクセスランキングを見る>>