マクロビ、ローフード、和食を基本としながら、食育と子育ての大切さ、家族が楽しい食卓を囲めるよう勉強中です。

# DV・モラルハラスメント

私は2度の離婚を経験しています。

子供たちは1度目の元夫との間の子で、2度目の元夫との間には子供はいません。
2度目の元夫は、言葉の暴力と長男に対するネグレクトがひどく、私の方から調停を申し立てました。



【2度の離婚を経て、自分の人間性を疑った】



2度も結婚生活に失敗し、しばらくは自分を責め続けていました。

1度目は元夫の借金
2度目はモラハラDV,という不幸を絵にかいたような自分に酔いしれていたのかもしれません。

自分の人生の中で2度も離婚を経験することは想定外・・・

色々なカウンセリングや、スピリチュアルなセッションなどもうけまくり、精神性から変えたい!と思っていました。
そこに費やした時間や金額は相当なものだったと思います。



【結局は自分の成育歴から】


私は自分の育った環境が結婚に対する思い込みを作っていたことに気付いたのは今年に入ってからでした。

両親は仲が悪く、いつ離婚してもおかしくない状態を長年見てきたのです。
経済的には困らなく、両親ともそろっていて、表向きは幸せな普通の家族に見えたのかもしれません。でも、その中身は、父がいつも仕事で忙しく、母は病弱で、精神的にいつも落ちていて、私と2人の時は事あるごとに父の悪口を聞かされて育ちました。
そして、母は口癖のように

『あなたたち子どもがいるから離婚できない。』

『お父さんのような人とは結婚してはいけない。』

『女は何があっても我慢するもの。』

矛盾するような言葉を呪文のように言っていました。
そして、母の依存は私に向かってて、何をするにも母が監視をし、着る服から、付き合う友達まで決めれれる幼少期・・・
少しでも反抗すれば、平気で食事を作らなくなったり、何日も無視をし続ける・・・

今思えば子どものような人だったのかもしれません。



【家庭を顧みない1度目の夫と依存から相手を想うようにしたい2度目の夫】


色々な内観をしながら、気付いたことは、私が2人のパートナーに求めていたのは、両親のような人と家庭生活を送ることだったのです。
両親のような人とは結婚したくない、と思っていたのに、そんな人と求めて、結婚ってこんなもの、と自分の潜在化で思っていたのです。

1度目の夫は仕事人間で家庭を顧みない人・・・
結果、自分のストレスからギャンブルに走り多額の借金を作ってしまいました。
離婚時に彼は
『お前が俺をかまってくれないからこうなったんだ・・・』
と言われ・・・
父の姿そっくりでした。
いつも母に
『お母さんがこうしたから、おれはこうなんだ!』
と主張する人だったのです。

2度目の夫は、私や子供たちを自分の支配下に置きたい人
次男は彼に従順で、逆に長男は思春期になると反抗的な態度を取り始め、それがネグレクトの要因になって行きました。
私は妻、女性だから、従うのは当たり前で、自分の意にそぐわないことは徹底して暴言でせめてきます。
終いには、何か月も無視をし続けた後は、いかに私が悪いかを得々と説教し、謝らせます。
母とそっくりでした。

でも、私がそんなパートナーに依存していて、パートナーがいない人生は人間としてダメなんだと思い込んでいたことに気付きました。

1度目の離婚の後は、メンタルを病み、いつも誰かにそばにいてほしい、寂しい!パートナーが欲しい!と1人でいることが恐怖で仕方がありませんでした。

男性依存だったのかもしれません。



【自己を内観する長い時期を超えて今は幸せ】



people-1860533_960_720.jpg



2度目の調停の時から、自己を見つめることをしてきました。
DVにあった女性の自助グループに参加したり、内観するワークに取り組んだり、何より私の生き方を素晴らしい経験をしている、と認めてくれる人たちと出会い、苦しい時には今まで誰にも吐き出せなかった自分の黒い気持ちを思いっきり吐き出せる人がいたことが自分を認めてあげられる、きっかけとなりました。

そのままの私でいい・・・

苦しいことや、相手を憎む気持ちを吐き出していい

私は決して間違っていない

吐き出す作業が終わったころ、両親に対しての憎しみや怒りは消えていき、2人とも不器用ながらも子育てを頑張ってきたことや、心の中ではお互いをいたわって思いやっていたことに気付きました。



【あれほど憎み合っていた両親が今は・・・】





そんな憎しみしかない両親は今はとても仲が良く、お互いをいたわり合っているのです。

母は長年難病を患っており、近年は介護が必要な状態です。
そんな母をいつ見捨ててもいい、というようなことを言っていた父は、今は毎日母の病院に行き世話をしています。

お母さんには沢山苦労をかけたから・・・

父の口からそんな言葉を聞くことは今までありませんでした。


最近はそんな両親を見て、こんな老後をパートナーと過ごすのも悪くないな、と思うのです。

KIMG0394.jpg

でも、今は子どもたちとの生活を楽しみたい(=^・^=)





人気ブログランキングへ


























スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

広井未来

Author:広井未来
2人の息子たちとワンコと暮らしているシングルマザーです。
食育の勉強や子供の発達は食から、日々独学で自然食とは食育とは何だろう?と考え勉強中です。
趣味のマクロビ料理やローフード、和食を中心とした食、子育てのことなどを綴っています。

# 最新記事

# 最新コメント

# 検索フォーム

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
4162位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
260位
アクセスランキングを見る>>