マクロビ、ローフード、和食を基本としながら、食育と子育ての大切さ、家族が楽しい食卓を囲めるよう勉強中です。

# 噛む力

私の母は25年前から難病になり、介護が必要な状態です。

ここ数年は体中の筋肉が病気のために衰え、日々の生活の介助なしではままならない状態で、食べることも難しくなってきました。




【食べることが好きな母】


母は料理があまり得意ではありませんでした。
と言っても、洋食が苦手で、ハンバーグやカレー、パスタなどの洋食が苦手で我が家の食卓ほぼ毎日和食・・・子供ながらにハンバーグやコロッケが食べたくて母にねだると、当時お肉屋さんで作って売っていた焼くだけのハンバーグや、お惣菜やさんのコロッケを買ってきて食卓に並べてくれました。

FCFOU_tomatoso-supasuta-thumb-autox1600-16972.jpg


そんな母は基本食べることは大好きで、外食に出掛けると、普段家では作れないものを美味しそうに食べていました。

『お母さんはこんな料理は作れないけど、外で食べられるからそれでいいの。』

私は1度目の夫と義母から色々な料理を教えてもらい、作れるようになったくらいです(笑)



【そんな母が食べられないことを辛いと感じていたとき】




介護が必要になり、母が食事の時に時々むせて苦しむことが多くなった時、誤嚥性の肺炎を起こさないように、医師から、胃瘻と言って異に穴をあけ、そこから栄養を補給しては?という提案をされました。

そうすることで口から食べることで食べのもが肺に入り、肺炎を起こして死亡してしまうリスクを軽減するためです。
母は、意思の疎通も困難になってきており、震える手で筆談によるコミュニケーションが主になっていたのです。
口の筋肉が衰えて舌や頬周りの筋肉も動かすことが困難になっていたので、食べると言う行為が難しくなっていたのです。
喉周りの筋肉も衰え、飲み込むことも難しく、水分さえもむせて時々咳で苦しむこともしばしばでした。

でも、母は胃瘻を拒否しました。

父も母が口から食べることを望みました。
大きなリスクを背負ってでも、最後まで美味しいものを少しでも口から摂取し、舌で味覚を感じて食べることを望んでいたのです。




【食べる行為が人の命を支える】


そんな母は病院食は刻んだものやすりおろしたもの、ほとんど料理の原型をとどめていないものばかりです。
始めは
『おいしそうに見えないね・・・』
とつぶやいていた母ですが、口に入れてじっくり味や触感を思い出しながら味わって食べることを楽しんでいる様子でした。

1度の食事時間は1時間以上かかります。病院側も、母のお膳を下げることなく、母が満足するまで時間をかけて食べることを見守ってくれています。

噛む、飲み込む、という作業が人間にとっていかに難しい動きなのか、ということを母から感じました。

離乳期に赤ちゃんに食事を与え始めて様々な食材を与えるとき、慎重にゆっくり与えて行くこと・・・
一緒に、カミカミすることを教えて、ごっくんするまで母親が見守ることで少しずつ口全体を使って食べることを覚えて行くこと・・・
簡単に見えて実は大変な動きを学んでいることだと母を通して感じたのです。

ANJ88_ookiiokuchidegohan_TP_V.jpg

食べることは生きること・・・




【介護職も離乳食も美味しく楽しく】



現在も母は何時間もかけて食事をとっていますが、食べる量が少なくなり、入院当時から20キロほども痩せてしまいました。

そろそろ、身体のことや栄養面でのことを考えると、胃瘻で生きるか、最後まで口から摂取するかを選択するときが来ています。
今までは何とか体重や体力のことを考慮しても何とかギリギリまで口からの摂取をやってみましょう、という医師の見解でしたが、それも難しくなってきており、母が日に日に衰えてきていることを考えると胃瘻がベストかもしれない、という判断です。


最近では介護職を美味しく食べやすく見た目の美しさを工夫して提供する施設や病院も増えてきました。
見た目の美しさって大事です。

一見何かわからないすりおろしたものや、刻んだものがお膳に並べられていると、正直おいしそうに見えず、食べ気が失せてしまうような気がします。
母がそれをわかっていながら、口から食べたい、という思いを知った時、生きたい気持ちと、舌で味わうことがまだ残されているからこそ、最後に残された食事を楽しむことが出来ているんだと感じました。

今年の年末母が外泊してきたときは、ちょっと頑張って見た目もおいしそうな介護職を作ってみようかと思っています^^






人気ブログランキングへ
































スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

広井未来

Author:広井未来
2人の息子たちとワンコと暮らしているシングルマザーです。
食育の勉強や子供の発達は食から、日々独学で自然食とは食育とは何だろう?と考え勉強中です。
趣味のマクロビ料理やローフード、和食を中心とした食、子育てのことなどを綴っています。

# 最新記事

# 最新コメント

# 検索フォーム

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
4162位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
260位
アクセスランキングを見る>>