マクロビ、ローフード、和食を基本としながら、食育と子育ての大切さ、家族が楽しい食卓を囲めるよう勉強中です。

# 不登校だから出来ること

そろそろ冬休みが始まる頃ですね^^

クリスマスやお正月と言ったイベントも沢山あり、家族で過ごしたり、友達と過ごす機会も増えますね。
休み中の食事ってけっこう大変じゃありませんか~?^_^; 



【休み中に子どもと料理を楽しむ】

sara_arai_man.png

私は朝に子どもたちと自分の分のお弁当を作って置いていきます。

前日の夕食の支度時に翌日のお弁当分のおかずも作ったり、作り置きおかずにお弁当分を冷凍して保存することもあります。
でも、せっかくなので休みは子供たちにお昼ご飯を頼み、家庭でしか出来ない『家庭学習』だよ~と言っています(笑)

少しずつ子供たちに料理を教えて行くことも、家庭でしかできない『学び』だと思っています。


長男は中学生の時不登校でした。
今は次男が中学生になり、不登校になってしまいました。

長男の時に、家で出来ることを教えようと思い、彼が興味のある料理を少しずつ教えていき、私が忙しくて昼の用意ができないときは彼に任せることもありました。

今は次男に料理を教えています。



【学校では学べないことって沢山ある】


不登校の子供たちは、自分の居場所を求めて苦しい想いをします。
引きこもりになってしまうのは、居場所が自分の部屋だったり、周りの愛が感じられなくて自分の枠を作って防御してしまうのです。

長男が不登校の時は、いかに家が居心地良い場所にしないようにするか?
ばかりを考えて、彼の居場所を無くしていましたが、とうとうある日、彼は家で暴れました。
学校にも家にも居場所がなく、もう消えてなくなりたいとまで思い詰めていたのです。

そこで初めてせめて家庭だけは彼の居場所にして、心が回復するまで癒してもらおう、と思い家の中でも彼の『存在』を認めることにしたのです。

それが料理をすることでした。

始めはご飯を炊くことから、そして味噌汁を作ること、と少しずつ一緒に料理をしながら教えていくことで、今まで食欲もなく、ほとんど食べることもできなかった息子が自分の作った食事を食べるように・・・

KIMG0515.jpg

炊飯器でご飯を炊くと言うこともできなかった息子が今は、レパートリーが増えて、自分の好きなものを作れるまでになりました。


【学校へ行けないことを責めるのは辞めて一緒に出来ることを増やす】

今は次男が学校へ行けなくなって1か月以上がたちました。

彼なりの苦しみがあり、長男の時とは違う悩みで行きたくても学校が怖い場所になっているようです。

長男のお蔭で、不登校になっても私自身が焦らず騒がず一歩引いて次男と接することが出来るようになった気がします。
ただ、次男は食べることが好きですが、料理にはあまり興味が無い^_^;

だったら、違う役割を・・・と思い、ワンコの散歩や、洗濯物を干す、風呂の掃除などをお願いしています。

pose_shiboru_zoukin.png

どんな家事なら出来る?と聞きつつ、最近は

お弁当を作ってみたい!

と(=^・^=)

じゃあ、まずは料理を覚えることからだね~








人気ブログランキングへ






























スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

広井未来

Author:広井未来
2人の息子たちとワンコと暮らしているシングルマザーです。
食育の勉強や子供の発達は食から、日々独学で自然食とは食育とは何だろう?と考え勉強中です。
趣味のマクロビ料理やローフード、和食を中心とした食、子育てのことなどを綴っています。

# 最新記事

# 最新コメント

# 検索フォーム

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
4162位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
260位
アクセスランキングを見る>>