マクロビ、ローフード、和食を基本としながら、食育と子育ての大切さ、家族が楽しい食卓を囲めるよう勉強中です。

# 子育ては親育て


人気ブログランキングへ


体調も大分戻ってきましたが、まだ食欲がわかず、食べたい気持ちはあってもお腹に入っていきません^_^;
年末年始は自然と食べ過ぎないお腹になりそうです(苦笑)


【父親の役割も担うシングルマザー】

シングルマザー歴が長く(笑)母親1人で子育てをしていると、役割が2倍になります。
母親であるという立場から、時には父親の役割も必要になるので・・・

single_mother.png


男の子2人なので、時には父親としての立場にならざるを得ない状況もあるからです。
特に多感な思春期に差し掛かると、母親ではどうにもならないことが増えてきます。
友達関係や異性関係のこと、男性目線での人間関係などが出てくると、父親がいたらどのように彼らに話をするのだろうか?と考えることも増えてきました。
男女平等をうたわれている社会であっても、男性目線、女性目線はあることは多く、どうしても女性目線でしか話せないこともあるな~と感じることも多々あり・・・

シングルマザーで男の子を育てているお母さんは息子さんとどのように関わっているのかな~??



【いくつになっても子どもを案ずる】

子育てに終わりはないと聞いたことがあります。
手が離れて行くことはあっても、親子の関係はずっと続くと言います。

過去にヘルパーの仕事をしていた時に、高齢者の方と話していても、50歳を過ぎた息子さんを心配していたり、と、ある方は、
『子どもに手がかからなくても、子どもを案ずる気持はいつまでも変わらない、手出し口出ししなくてもわが子を想う気持ちは変わらないのよ。』
と話してくれました。

認知症の方でも、お子さんの話をすると途端に普通になり、娘のことが心配、娘は私のことを心配してくれるけど私も娘はいつまでたっても娘なの、と言っていた方も・・・



わが子はいつまでたってもわが子・・・

ただ、大きくなるにつれて、子どもに手をかけることが少なくなるだけで、子どものことをきにかけ、自分以上に幸せになってほしいと願う親心はいくつになってもかわらないのですね。


【子どもから学ぶことは沢山】

わが子が誕生して毎年誕生日を迎えるたびに、自分も母親〇年生、と数える自分がいます。

母親になったことはこの子の成長をサポートする役割・・・
わが子だけれども、自分の分身ではなく、社会からの授かりもので、社会に送り出すまで色々なことを伝えて行く役割だとも思っています。
親子ってどこかで深いつながりがありつつ、どこかで、自分と違う人間だと言うことを感じながら、ずっとわが子のことを案じつつ社会で頑張る姿を応援するような応援団のようなイメージでいます。
応援団は一生涯応援し続ける(=^・^=)
だからこそ、心配しつつ案じているのなか、と思います。

N885_katagurumaoyako_TP_V.jpg


子育てから学ぶこともたくさんあり、親としての役割を教えてもらったり人としての関わり方を学んだり・・・

未熟な自分を成長させてくれる存在です。
まだまだ、わが子から学ぶことは沢山ありそうです。

母親であり、時には父親である役割を楽しみつつ、時には迷い悩むことも必要なことなのですね^^


































スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

広井未来

Author:広井未来
2人の息子たちとワンコと暮らしているシングルマザーです。
食育の勉強や子供の発達は食から、日々独学で自然食とは食育とは何だろう?と考え勉強中です。
趣味のマクロビ料理やローフード、和食を中心とした食、子育てのことなどを綴っています。

# 最新記事

# 最新コメント

# 検索フォーム

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
7243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
474位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。