マクロビ、ローフード、和食を基本としながら、食育と子育ての大切さ、家族が楽しい食卓を囲めるよう勉強中です。

# 身体の表面をほぐすだけではなく中から改善する

友人が通っている整体の先生は、マクロビオティックやオーガニックなどの食について色々な知識を持っているそうで、ランチ会や食の勉強会を開催しています。
身体の健康は内臓からという考えに基づいて体をほぐしながら食生活のこともアドバイスしてくれるそうです。

身体に不調が起こるのは、ただ表面的なことだけではなく、身体の中から整えて行かないと改善するのは難しいのだそう・・・

medical_seitaishi_sejutsu.png


私も昔は、自分の体の中身まで考えたことが無かった時は、肩こりや身体的な疲れは体を酷使しすぎたからだと思っていました。
介護の仕事をしていた時は、毎日体が重だるく頭痛や肩こり、腰痛、腕のコリに悩まされていました。
身体をほぐすために、整体にも足しげく何年も通っていましたが、次第に熱が出たり風邪をひきやすくなったり、しまいには食べても食べても体重が落ちる一方で、もう限界でした。
ストレスから鬱を併発し、すい臓の機能も悪化し、じんましんができ、ボロボロの身体でした。

kaigo_dukare.png


心と体は別物、と当時は思っていたのですが、後々、食生活を変えるべく自分なりに勉強し始めて、食べるもので体と心も元気になることがわかり、今は多少の不調はあるものの昔ほどの寝込むような不調はありません。

介護の仕事をしていた時は、食生活はめちゃめちゃでした(-"-)
昼も食べる時間がほとんどなく、少しの時間でコンビニのパンやおにぎりを食べることだけで精一杯、ほとんどは食べる時間も無く・・・
子供たちにはきちんと食べさせよう!と思うけどまともに食事を作るほどの体力気力は残っておらず、当時2人とも保育園や学童クラブで頼むと夕食が出るので、夕食を食べさせてもらい、家に帰るともう寝かせる時間、自分はそのまま何も食べずそのまま寝る、と言った毎日でした。
朝は仕事帰りに買ってきたお総菜やお弁当菓子パンを子供たちに食べさせている間に、自分は家事をこなし、朝食を食べることなく、出勤・・・

倒れてもおかしくない毎日だったのです。

今は時間的にも余裕があることと、週末に作り置きおかずなどで、お惣菜はほとんど買うことが無くなりました。

こんな食生活を続けていると、当然子供たちもイライラしたり、キレやすく、長男は小学校で常にキレていました。

食べること、食べる内容、また、誰かと楽しく食べること、全てが生きることや自分の体や心の健康に繋がっていることを実感しています^^

syokuji_woman.png


食事を作るとき、怪しいと思われますが、エネルギーが宇宙から降りて食べ物に注がれるイメージをしながら、瞑想のような状態で作ります。
そうすることで自分も心が安定し、食べる家族も穏やかになるような気がするんです(^^♪

KIMG0515.jpg


最近は寒い日が続いているので、身体がこわばって肩こりや首のコリがひどいのですが、身体を温める食事や軽いストレッチで自分をいたわっています^^






人気ブログランキングへ





















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

広井未来

Author:広井未来
2人の息子たちとワンコと暮らしているシングルマザーです。
食育の勉強や子供の発達は食から、日々独学で自然食とは食育とは何だろう?と考え勉強中です。
趣味のマクロビ料理やローフード、和食を中心とした食、子育てのことなどを綴っています。

# 最新記事

# 最新コメント

# 検索フォーム

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
4162位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
260位
アクセスランキングを見る>>