マクロビ、ローフード、和食を基本としながら、食育と子育ての大切さ、家族が楽しい食卓を囲めるよう勉強中です。

# 手づくり弁当

我が家は子どもたちが小さい頃から、お弁当をことあるごとに作ってきました。


KIMG0556.jpg


特に学校がお弁当もちではないのだけけれど、食が進まないとき、やちょっと公園に遊びに行くとき等、子どもたちはお弁当箱を見ると、ワクワクするのか、苦手な食べ物でも食べてくれます。

同じおかずでもお弁当箱に詰めると、気持ちが変わるんでしょうね~

ensoku_obentou.png

それぞれのお弁当箱に詰める時や、大きなランチボックスに詰める時、色々ですが、それを持って出かけるのが楽しみな様でした。
遊びもそこそこに、お弁当まだ~??と聞いてきた昔が懐かしい~(=^・^=)

外で食べるご飯は自然と食欲もましてとてもいい気持ちです^^
私自身も母が作るお弁当を遠足や行事の時に開ける瞬間が大好きでした。

いつもは味気ないおかずもその時はとっても美味しく感じ、母が作るまるいお結びをほおばるとき、とても幸せな気分になったのを覚えています。

お弁当って空けた瞬間のあのワクワク感・・・たまらなく好きです。

そんな話を昨日、カフェのオーナーさんとしていました。
食べること、栄養も大切だけれども、親子で外で食べることがより一層美味しく感じることで、心が満たされるんですね~とオーナーさんも言っていました。


今も時々、母が作ったお弁当を食べたいな~と思うことがあります。
母は料理が苦手で(洋食が)お弁当箱を開けると全体的に茶色くて時には魚の煮つけが入っていたりと、子どもながらに恥ずかしい~と思うこともありましたが、母なりに精一杯愛情をこめて作ってくれたんだよね~と今はなつかしく思います。

一番食べたいのが、母が握ってくれたまあるいお結び・・・
onigiri_nori.png
onigiri_maru.png

他の家庭はさんかくだったり、丸くてものりが小さくまかれていたり・・・我が家だけが真ん丸で、真っ黒なのりがおおわれていて・・・
まるで大福のような丸さ・・・

あれだけはずっと大好きでした。

母は今は病気で体の筋力が落ちてしまい、お結びを握ることもできなくなってしまいましたがまた、食べたいな~

自分で握っても誰かに握ってもらうってもダメなんですよね(=^・^=)
母の手で、握ってくれるからこそ、母の愛情が伝わってくるんです。

子供たちも、そんな風に思ってくれる日があるのかしら?とふと思いました^^




人気ブログランキングへ





















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

広井未来

Author:広井未来
2人の息子たちとワンコと暮らしているシングルマザーです。
食育の勉強や子供の発達は食から、日々独学で自然食とは食育とは何だろう?と考え勉強中です。
趣味のマクロビ料理やローフード、和食を中心とした食、子育てのことなどを綴っています。

# 最新記事

# 最新コメント

# 検索フォーム

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15754位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家族日記
570位
アクセスランキングを見る>>