マクロビ、ローフード、和食を基本としながら、食育と子育ての大切さ、家族が楽しい食卓を囲めるよう勉強中です。

# VDからの心の回復

月に1回、DVなどでトラウマを抱えた女性のための自助グループに参加しています。

その中で、心の傷だけでなく、喪失体験経験している方も多数おり、グリーフと言います。
相手の暴力に耐えながら、何とか逃げて離婚が成立した人
親との関わりの中で、DV体験をした人

1440538705349.jpg

離婚による辛い経験をした人だけではないのです。

皆さんがグリーフ、喪失体験を経験しています。
少なからず私もグリーフ経験者・・・

相手の精神的なDVから逃れてやっと幸せで穏やかな日々を送っていても、心の中にぽっかりと穴が開いたような日々がありました。
今もそれは時々襲ってきます。

あんなに自由を求めて苦しみから逃れたのに、何だろう??と思いながら毎月自助グループの中で色々な方のお話を聞いています。

あらゆるDVを受けた人は、自分で何かを選択すること、やりたいこと、自分の意思で何かすることが出来なくなっていたのです。
いつも相手の顔色を伺って、相手がどう思うか?相手に何を言われるのか?その感覚で生きてきたので、自分で決定したり、自由ということが感覚としてわからなくなり麻痺しているのです。

それは結婚すると誰だって同じよ~と言われるかもしれませんが、DV加害者は、被害者のことを『支配』することが生きがいになっているので、普通の感覚ではありません。
それに反したことをすると、ありとあらゆる手段を使ってじわじわと相手が自分で考えて決めることが出来ないように責めて行くのです。
だからいざ自由の身になった時に、いつも相手の顔色を伺って相手が良し、としたことを行って生きてきた習慣が無くなってしまったことへの『不安』を感じるのです。

kigi2.jpg

中には親からそのような『支配』を受けて今なお苦しんでいる人もいたり、親からパートナーへとそのかま移行し。DVに苦しむ人もいます。

自分次第でどうにかなるものでしょ?
マイナス思考だからじゃない?
私だって同じ

そう言う人もいました

違うんです・・・

DV加害者の特徴はマニュアルがあるかのように同じ行動をします。

外では良い人
家では自分の想い通りにパートナーを支配する

大体の加害者は外ではいい人です。
DVをするのは自分が支配出来るであろう人にしかしません。
大体が、家族がその犠牲者になります。

私は、自助グループに参加しながら心のケアを座学で学ぶ講座にも参加し心理的な話も勉強することで、加害者の心理と被害者の心理がわかってきました。

加害者は何度もターゲットを変えてはそれを直すことは難しい
被害者はその傷からしっかりと立ち直るのにかなりの年月を要すること

少しずつ少しずつ心のケアをしていく必要があるんですね・・・









人気ブログランキングへ

















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

広井未来

Author:広井未来
2人の息子たちとワンコと暮らしているシングルマザーです。
食育の勉強や子供の発達は食から、日々独学で自然食とは食育とは何だろう?と考え勉強中です。
趣味のマクロビ料理やローフード、和食を中心とした食、子育てのことなどを綴っています。

# 最新記事

# 最新コメント

# 検索フォーム

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
7927位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
498位
アクセスランキングを見る>>