マクロビ、ローフード、和食を基本としながら、食育と子育ての大切さ、家族が楽しい食卓を囲めるよう勉強中です。

# GW あれこれ

毎年恒例のお仲間との温泉に行ってきました。
総勢10名^^
年齢も20代から60代と幅広く、1年に1回のお楽しみ・・・

18302548_1261290813988944_884549557_n.jpg

カツオの団子だそうで・・・

お肉の食感
家では絶対にできないな^_^;



18336589_1261290703988955_997405577_n.jpg

バジルで味をつけているそうで、フランスパンに乗せていただきました。
不思議なお味で美味しかった!



18280107_1261290767322282_1111311706_n.jpg

室内風呂・・・
ご夫婦のお部屋についていたので、他の大部屋にはついていませんでしたが、素敵な展望でした。


さあ、GWも今日明日で終わり~

今日までのんびりして、明日は前倒しで仕事します(-"-)






























# シングルマザーの家族サービス

こちらは今日も良いお天気です^^
何も予定はないのですが、お昼はいつものお弁当を作って少しの手間を省きました。

SSCN0398[1]
こちらは私の・・・

SSCN0399[1]
こっちは次男の・・・かなりご飯が入っています^^


GWなんかの長期休みは、シングルマザーの家庭には辛い休みでもあります^_^;
特に子供たちが小さい頃は・・・



【家族という言葉が突き刺さる】

子どもたちが小さい頃は、長期休みにどこに行こうか?何をしようか?と毎年頭を悩ませたことがあります。

特に離婚して間もない頃は、いつもなら元夫も含めて家族でどこかに出かけたり、夫の実家や自分の実家を行き来して子供たちも忙しく楽しく過ごしていたのが、私の実家だけになり、お父さんという存在が無くなり、母親の私が両方の役割をしながら子供たちと向き合う休み・・・体もしんどくて連休後半は、キレ気味で子供たちを叱ってばかりいました。

家族でおでかけ、
家族プラン

そんな文字を雑誌なんかで目にすると、イラッとしていました 笑

今では笑って思い出せますが・・・






【何でお父さんと離婚したの!?】

長男に言われた言葉です。
長期休みの時に余程寂しかったのでしょうね。

友達も皆家族で出かけたり、遠くのおじいちゃんおばあちゃんの家に行ったりして、誰も遊ぶ友達がいなくて泣いて帰って来た時だったと思います。
kazoku_driving.png

そこで子供たちと行楽地へ出かけてみても、彼らの目に飛びこむのは、お父さんと息子が楽しそうに遊んでいる姿・・・
羨ましかったんだろうな・・・




【寂しかった・・・】

長男が大きくなってくると、今度は次男がお父さんがいないことを寂しく思うようになりました。

長男は友達や部活の練習など、家族以外の人と過ごす時間も増えて外の世界に目を向けるようになってきたので、家族との時間を共有することも少なくなりました。

今度は次男が友達や周りの人が父親と出かけたり、楽しい時間を過ごす様子を見てうらやましくなっていた時期・・・

私は2度離婚しています。
子供たちの父親は1度目の夫ですが、次男は2歳で離婚しているので、実父の記憶がほとんどありません。
2度目の父親が本当の父親で無いことも、1度目の父親の存在も知っています。

2度目の父親は次男にとっては長く生活をした存在・・・
でも、最後は心の傷を負うようなモラハラによって憎しみすら覚えるようになり、男性不信的な姿もありました。
その頃から、実の父親への想いを馳せるようになり、寂しさを訴えるようになったのです。

次男が寂しくないように色々な所に出かけたり、父親的な役割を長男の時のように意識していたつもりでした。でもどこかで満たされていないんだろうな、と思う出来事が・・・
当時私はタバコを吸っていました。
家の中では吸わないようにし、ベランダで吸っており、その吸殻がなぜか減っていることに気付きました。
ある日、次男の部屋からタバコのにおいが・・・
kinshi_poisute_tobacco.png


当時は集合住宅だったので、お隣のタバコのにおいや料理の香りもしてきたのでお隣さんかな?ともって特に気にも留めなかったのですが・・・

何となく、翌日次男がいないときに、次男の部屋のドアを開けると、ものすごくタバコ臭いのです。
そして、机の引き出しが少し空いていて、プラスチック容器に沢山のタバコの吸い殻とライターが出てきました。
私の吸った後のタバコと、こっそり持ち出した、買い置きのタバコでした。

次男が帰宅して、理由も聞かず叩きました。

泣きながら

お母さんが毎日仕事で遅いし、お兄ちゃんもいないし(当時長男は寮生活で家を出ていました)、寂しかった
本当のお父さんに会いたい!

ああ、とうとうこんな時期が来たんだと・・・
長男と実の父親は連絡を取り合っていましたが次男は全く連絡を取っていなかったので、その日に長男経由で、元夫に連絡をしてもらい、次男と電話で話をしました。

10年ぶりくらい?の親子の再会・・・
離婚した当時は言葉もままならない親子が普通に何も違和感なく話していました。
何だか申し訳ない気持ちになりつつ、電話後は次男は満足したのか?父親の存在が彼の心の中で原動力になっているのか?

お父さんがいない我が家だけど、お母さんがいてくれるから幸せ何だよね?

と言ってくれたのを覚えています。
彼なりの強がりと私に対しての気遣いなのかも・・・



そんなエピソードも、今では懐かしく思えます^^





































# 行楽弁当の思い出

今日から暦通り5連休の我が家、何も変わらないただの休日です^_^;

子供たちが小さい頃は、どこに連れて行こうと毎年頭を悩ませました。
なるべくお金をかけず、子どもたちが満足できるようなイベントを考え、いつもお弁当を作って持ち歩いていました。



【行楽弁当】

ensoku_goods.png

特別なお弁当でもなく、子どもたちの大好きなキャラクターの弁当箱に簡単なおかずやお結びを詰めて出かけるだけの事ですが、特別感があるのか、喜んで食べてくれました。

ちょっと離れた公園で思いっきり遊んだり、動物園や水族館に公共交通機関で出かけると、車の渋滞もなく行けるので早めに家を出て早めにお弁当を食べ、早めに帰ってきたりしていました。

食堂は混んでいるので外やフリースペースがあるところを陣取って、お弁当をゆっくり食べることが出来てお金もかからず良かったです^^






【場所を変えて食べる美味しさ】



場所を変えて食べるから美味しいんですね~

大きくなっても、たまに家族で出かけると、

今日はお弁当にしたからどこかで食べよう
0a3a944dd68dfd2c8de731d41e6d6d30_s.jpg

と言っても彼らは特に嫌がりません。
それで慣れているのもありますが^_^;

外食もいいけど、出かけた先でのお弁当は格別です^^




【簡単美味しいおかず】


お弁当を作るときも特別な手間暇はかけられないので、簡単美味しいものを適当に(笑)作ります。

子供たちにも好評だったおかずを紹介~^^






チーズ春巻き
・餃子の皮
・チーズ(とろけないもの)
・シソの葉

チーズを適当な大きさに切って、餃子の皮の大きさに合わせたシソの葉と一緒に巻いて油で揚げて出来上がりです。






厚揚げの唐揚げ
・一度冷凍して解凍した厚揚げを水切りして、一口大に切っておく
・片栗粉
・しょうゆ、ショウガ、みりん、お好みでニンニクのつけ汁を作っておく

つけ汁に30分~1時間ほど厚揚げを付けて置き、片栗粉をまぶして油で揚げる。



簡単で覚めても美味しいですよ^^


































# 重ね煮

GWが始まりましたね~

わが家は暦通りのお休みです。
連休中は入院している母も外泊して来て実家通いになりそうです。
今日明日はたまっている仕事をこなして、気持ち的にすっきりして長期休みを迎えたい^_^;






【重ね煮にチャレンジ】

先日ローフードの先生の講習会で、重ね煮カレーを頂いたのがおいしく!先週末に女子会で行ったオーガニック居酒屋で〆にいただいた重ね煮のお味噌汁も美味しく・・・

始めて重ね煮にチャレンジしてみました!

もうずいぶん前に一時流行りましたよね。
その時は作ったことが無く^_^;
今さらですが・・・

重ね煮知ってますか?

お野菜の陰陽を利用して、少量の水で煮ていきます。
重ねる順番もあって、お鍋も上記が出ないものを使い弱火でコトコト煮ていきます。

水は少量なので、野菜のうまみが出て、普段の料理よりも濃厚なお味で、調味料も少量で済みます^^








【重ねる順番さえ守れば】

SSCN0376[1]
鍋に塩を軽く振って、きのこ海藻類を敷き詰めます。

SSCN0378[1]
次はトマトなどの果菜類

SSCN0380[1]

そして葉物類

SSCN0382[1]

イモ類

SSCN0384[1]

根菜類

SSCN0386[1]

一番上は肉や豆類など

SSCN0388[1]


200CC位の水を入れて、弱火でコトコト30分ほど煮ます


しっかり火が通ってきたら必要に応じて水や調味料を足します。





【野菜の甘みとうまみが濃い!】


SSCN0390[1]

今回は豆乳の和風スープ

味付けは塩と胡椒、味噌を隠し味に。
全てほんの少量ですが、薄い味という感じは無くて、甘くておいしい!


明日はこれにカレー粉を入れてカレーにします^^

簡単でおいしい重ね煮
はまりそうです ←今さらですが、マイブームになりそうな予感 笑




























# お母さんの愛情弁当

先日仕事でとある会社の女性社長様とお話をする機会がありました。
その社長様、毎日忙しいながらもお子さんの幼稚園のお弁当をしっかり作っておられて
これが私の今できる子どもへの愛情なんです、と話されていました^^




【お弁当からの愛】


私は弁当箱を開ける瞬間が大好きで、母が作ったお弁当を毎日楽しみにしていました。
母は料理が苦手で、高校生の頃になると、毎日茶色い弁当を開けるのが恥ずかしい、と思うこともあったりしましたが、今思えば誰かが作ってくれたお弁当は格別に美味しかったんですよね~

今は自分で作るしかないのですがたまに誰かに作ってもらうお弁当を食べたいな~と思います(=^・^=)
見た目は良くなくても(笑)母の愛情がたっぷり詰まった弁当が食べたい~!
SSCN0348[1]
その社長様も・・・

私は料理が得意ではないのですが、子どもは喜んで毎日食べてくれると自信がついてくるんです。
愛情をたっぷり弁当箱の中に詰め込んでます 笑

素敵な笑顔でお話されていました^^




【お弁当の日】

子供たちが保育園へ通っていた時、毎月 お弁当の日という日がありました。
その日は給食はお休みでそれぞれお母さんが作ったお弁当を持参します。

長男はあまり食べない子だったので、小さめの弁当箱に彩りよく詰めるのが大変^_^;

次男は食べすぎるくらいに食べる子だったので、毎月先生から
bentou_boy2.png

ちょっと足りないようなので、少し大きめのお弁当箱の方がいいかもしれません。

と毎月弁当箱の大きさを変えて、内容を工夫していかに満腹にさせるか?に悩みました^_^;

お弁当の日は朝から大変でしたが、子どもたちの笑顔を想像して作るのも楽しみだったんです。





【お弁当の魔法】

お弁当って魔法だと思います 笑
変な発言ですが・・・^_^;

子どもって、普段は食べられない苦手な食べ物をお弁当箱に詰めると、食べられる子もいますよね。
36128fe8501de57f55b86252932ca7b1_s.jpg

長男がそのタイプでした。
嫌いな野菜をお弁当の日に大好きなキャラクターの弁当箱に入れると頑張って食べてくれたので、調子に乗った私は、苦手な食べ物を食べさせたいときは自宅でも弁当箱に詰めて食べさせたこともあります^m^

あまり頻繁にやると食べなくなるので、特別な日として弁当箱に活躍してもらいました
お母さんの愛情たっぷりのお弁当の威力ってすごい!




























# プロフィール

広井未来

Author:広井未来
2人の息子たちとワンコと暮らしているシングルマザーです。
食育の勉強や子供の発達は食から、日々独学で自然食とは食育とは何だろう?と考え勉強中です。
趣味のマクロビ料理やローフード、和食を中心とした食、子育てのことなどを綴っています。

# 最新記事

# 最新コメント

# 検索フォーム

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
5862位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
357位
アクセスランキングを見る>>